補講:複数ファイル間でのデータ転記

この講座は有料講座です。
講座の購入後ご覧になれます。

ログインアカウントの新規作成

解説

複数ファイル間でのデータ転記についての解説です。よくある質問なので、補講として収録しました。
この動画で使用する教材ファイルは特にありません。

この教材についての過去の質問・感想

11551 : 小川慶一の回答 (2019-08-12 13:03:07)

受講生 さん:

こんにちは。

>先生の動画を何回も動画を見た後にやり直すと言うかでしょうか?

違います。
何度もやりなおしつつ、何度も見直す、ということです。

受講生さんの想定とは、自分がやる回数が違いますね。
パソコンスキルを身につけるには、自分の身体を動かして練習してナンボ!です。
見ただけ、聞いただけでできるようになる人もいますが、そういう人は、もともと準備ができていた人です。大部分の人は、自分の身体を使って何度も練習する必要があります。

そして、「ほとんど頭を使わずに、半ば勝手に体が動いて解けるようになるまで」練習する必要があります。

> Vlookup のマクロもやっと分かってきました。
> 右の表を左の表に転記するのに、右の変数をfor nextで全体を挟むとちゃんと引っ張れるのに、migi=migi+1をendifの下に書くのみだと、ほんの数件しか引っ張って来ません。
> これはなぜですか?

「やっと分かってきました」ということですと、「ほとんど頭を使わずに、半ば勝手に体が動いて解けるようになる」という段階にはほど遠いですね。
というか、もっと前のお題でも同様ですので、まずは、「基礎編フォローアップ ベーシック」の演習を、最初のものから順番に、「ほとんど頭を使わずに、半ば勝手に体が動いて解ける」かどうかチェックしつつ解いていってみてください。
https://online.pc5bai.com/package/index/27

そして、どの問題までは「ほとんど頭を使わずに、半ば勝手に体が動いて解け」たか?どの問題ではそうではなかったか?を報告してください。


11550 : 受講生さんのコメント (2019-08-10 08:45:08)

小川先生、こんにちは。
アドバイスありがとうございます。
基本的な質問ですみません。演習の仕方と言うのは、先生の動画を何回も動画を見た後にやり直すと言うかでしょうか?または、そのような演習問題のテキストはありますか?

Vlookup のマクロもやっと分かってきました。
右の表を左の表に転記するのに、右の変数をfor nextで全体を挟むとちゃんと引っ張れるのに、migi=migi+1をendifの下に書くのみだと、ほんの数件しか引っ張って来ません。
これはなぜですか?
何故そこに山があるのですか?みたいな質問になっていたら申し訳ありません。




小川慶一さん:

> あおちゃんさん:
>
> 順を追って学ぶことです。
> ・同じシート内で転記できるようになる
> ・別シート間で転記できるようになる
> ・別ファイル間で転記できるようになる
>
> それぞれのステップを、スラスラできるようになるまで復習する必要があります。
> スラスラできるようでないと、実務でつまづきます。実務では、そこだけ解決すればOKということはなく、それができて当然。さて...というところが課題になるからです。
>
> 演習の復習はくりかえしてください。
>
> > この動画は大変有り難いです。いつも、このファイル間の動作で躓き、ボロボロになります。
> > ありがとうございます????!


11549 : 小川慶一の回答 (2019-08-08 11:21:02)

あおちゃんさん:

順を追って学ぶことです。
・同じシート内で転記できるようになる
・別シート間で転記できるようになる
・別ファイル間で転記できるようになる

それぞれのステップを、スラスラできるようになるまで復習する必要があります。
スラスラできるようでないと、実務でつまづきます。実務では、そこだけ解決すればOKということはなく、それができて当然。さて...というところが課題になるからです。

演習の復習はくりかえしてください。

> この動画は大変有り難いです。いつも、このファイル間の動作で躓き、ボロボロになります。
> ありがとうございます????!


11547 : 小川慶一の回答 (2019-08-08 11:17:30)

morimotoさん:

基礎編でも十分成果はでますよ。
文字通り、「基礎」を叩き込む講座ですので。

基礎をどこまで深く学ぶか、しっかりモノにするか、が大切です。
逆に、そこをいい加減にしたまま上級の知識をたくさん仕入れてもモノにはなりません。
そういう方もたくさん見てきています。


> 現在発展編1途中でstop中(12月に資格試験を控えそちらに
> 時間を取られているため。IT等試験ではありません)しかし
> 会社では適時CODE作ったりしており、フォームまで興味
> 本位を兼ねてガチガチやってます。しかしほんとこの基礎編知識で浅いフォームですが作成できるとは思いもしませんでした。とりあえずは要求通り動いてくれてますからね。  試験が済んで早く本格的に学習を再開したいところです。


11545 : あおちゃんさんのコメント (2019-08-07 20:35:58)

この動画は大変有り難いです。いつも、このファイル間の動作で躓き、ボロボロになります。
ありがとうございます????!


11543 : morimotoさんのコメント (2019-08-07 00:26:14)

現在発展編1途中でstop中(12月に資格試験を控えそちらに
時間を取られているため。IT等試験ではありません)しかし
会社では適時CODE作ったりしており、フォームまで興味
本位を兼ねてガチガチやってます。しかしほんとこの基礎編知識で浅いフォームですが作成できるとは思いもしませんでした。とりあえずは要求通り動いてくれてますからね。  試験が済んで早く本格的に学習を再開したいところです。


10133 : 小川慶一の回答 (2018-06-19 13:52:09)

morimotoさん:

>基礎編でもそこそこできるようになるものですね。

本当に、そう思います。
世間の多くの方は、気がついていないことですが、実は、基礎だけしかり固めれば、仕事はそこそこできようになるものです。

結果を出すことはとても重要です。

結果を出せば出すほど、周囲からの信頼が増しますし、会社でも自由に行動できるようになります。

この「自由に行動」とは、職場で仕事時間中にネット等を使ってExcelマクロについて調べることも含みます。
このような自由を得られればしめたものです。
それは、「会社で給料もらいながら勉強させてもらう」という状態のことですから。

あと一歩ですね!


> 会社の同僚がとあるエクセルデータを整理するため不要な行や列をcopy pasteを地味に繰り返したり枠をつけたり、、、、基礎編の知識とネットで調べてたらすっと数秒でできるのを作りました。
> コマンドボタンまで付けました。基礎編でもそこそこできるようになるものですね。
> ほんといい講座です。
> 1講がさほど長くないので取り組みやすいです。


10124 : morimotoさんのコメント (2018-06-17 02:15:34)

会社の同僚がとあるエクセルデータを整理するため不要な行や列を
copy pasteを地味に繰り返したり枠をつけたり、、、、基礎編の知識
とネットで調べてたらすっと数秒でできるのを作りました。コマンド
ボタンまで付けました。基礎編でもそこそこできるようになるも
のですね。ほんといい講座です。1講がさほど長くないので
取り組みやすいです。


9993 : 小川慶一の回答 (2018-05-16 08:16:42)

morimotoさん:

基本の道具をしっかり使いこなせるようになることです。
そして、基本のパターンをしっかりマスターすること。

この2点をしっかりやれば、応用技を学ぶのもそんなに難しくありません。
発展編も楽しいですよ (^^*

> a & gyoの記載とinstr関数の使う場面、ifの条件不成立のときは何もしない、、、、ほんと役立だってます。フォローアップ終わらせて発展へ
> 早くいきたいですね。


9992 : 小川慶一の回答 (2018-05-16 08:14:50)

morimotoさん:

ウチの講座と演習をしっかりやればかなり力つきますよ!
ひきつづきお楽しみください☆


> やっと基礎編が終わって、ほんと不思議なもので、カレーライスの話ではありませんが、以前にはなかった「こうやったら行けるかも!?」といった勘が少しながら出た感じです。したいことをネットで調べても有効に役立てできるようなところも見えるようになった感じです。驚くべきスキルアップ感です。変なvbaスクールなんか行くんでなかったと後悔してます。


9983 : 小川慶一の回答 (2018-05-16 07:55:27)

受講生 さん:

お返事ありがとうございます。

> 普段はPCを開く暇がないので、この週末でゆっくり拝見させていただきました。

それで、現在の段階で、理解はどの程度でしょう?
[1] 前回お渡しした動画の内容について
[2] このページのメインテーマ「複数ファイル間でのデータ転記」について

> お世話になります。
> ご返信ありがとうございます。
> また、動画をありがとうございました。
>
> 普段はPCを開く暇がないので、この週末でゆっくり拝見させていただきました。
> 何度も見せていただき理解を深めたいと思います。
> また、ExcelだけではなくPC自体の基礎知識も合わせて学習していきたいと思います。
> 急がば回れの精神で取り組みたいと思います。


9981 : morimotoさんのコメント (2018-05-16 02:15:13)

a & gyoの記載とinstr関数の使う場面、ifの条件不成立のときは何もしない、、、、ほんと役立だってます。フォローアップ終わらせて発展へ
早くいきたいですね。


9980 : morimotoさんのコメント (2018-05-16 02:12:02)

やっと基礎編が終わって、ほんと不思議なもので、カレーライスの話ではありませんが、以前にはなかった「こうやったら行けるかも!?」といった勘が少しながら出た感じです。したいことをネットで調べても有効に役立てできるようなところも見えるようになった感じです。驚くべきスキルアップ感です。変なvbaスクールなんか行くんでなかったと後悔してます。


9964 : 受講生さんのコメント (2018-05-13 13:23:38)

お世話になります。
ご返信ありがとうございます。
また、動画をありがとうございました。

普段はPCを開く暇がないので、この週末でゆっくり拝見させていただきました。
何度も見せていただき理解を深めたいと思います。
また、ExcelだけではなくPC自体の基礎知識も合わせて学習していきたいと思います。
急がば回れの精神で取り組みたいと思います。


9928 : 小川慶一の回答 (2018-05-06 18:52:53)

受講生 さん:

> そもそもコードの書き方で日本語用フォントの問題なのかバックスラッシュを打とうとしても半角の「¥」になってしまいます。
> バックスラッシュはスラッシュでも同じことなのか?また「¥」マークで
> 対象のpathを取得するコードを書いている人も見かけます。
> この部分はどうゆう違いがあるのか理解できず苦しんでました(笑)

そうでした。webでコードを表示すると、どうしてもそういうことがありますね。
バックスラッシュと半角の「¥」は同じものです。

> エラーコード1004 フォルダ内に指定したファイルが存在しませんとなってしまい、取得できませんでした。

ファイルパスの記述に失敗しているようですね。

サンプルファイルを添えて、マクロを書いている様子を収録した動画をお送りします。
以下のリンクからどうぞ。

これでもう少し理解が深まるとよいのですが...。
http://www.exvba.com/download/AskAnswer/sample180506.zip

また、この動画が、フォルダの階層構造の理解にもつながるとよいのですが。

> また、基礎編フォローアップ後半の講座ですが、確かに私のしたいことなのですが、自動記録を用いていると思います。
> 自動記録で書いたものと自分自身でコードを書いたものではどこがどのように違うのかがわかりません。

基礎編では詳細な解説まではできません。
自動記録で作ったコードをしっかり読めるようになる方法は、「発展編1」で取り扱っています。発展編1まで学習を進めてください。

> その方の書いたマクロを読んで理解できて、更に自分がメンテナンスできるレベルまでいかないとダメなので自動記録をごっちゃにされると混乱してしまいます。
> 自動記録でマクロを書くのなら自動記録を使わずに作ったマクロのコードを説明はしなくてもいいので比較用に紹介してもらえたらなと思います。

上述のとおりですので、発展編1まで学習が進むとこの問題は根本解決するかと思います。
基礎編の演習にある程度対応できるようになったら、発展編1まで学習を進めてください。

特に、基礎編フォローアップの演習前半は重要ですよ。まさに、Instr関数とかLeft関数とかを組み合わせる問題です。
ファイルパスの記述も文字列操作です。こういうことを手作業でサラサラできるようになるかどうか?ということが、めぐりめぐって、ファイルパスの記述を正確にできるか?書き間違えがあったときにすぐに気づくか?といったところにもつながります。

ある程度のスキルのある方なら別ですが、基礎的な能力がない段階では、「ピンポイントに教えて欲しいことだけ教えてくれ。そこしか学ぶつもりはないから」というより、よりごのみをせず、与えられた課題に粛々と取り組んだ方が、パソコンスキルの向上という意味でも結局近道です。


9926 : 受講生さんのコメント (2018-05-06 17:16:56)

お世話になります。
遅くなりまして申し訳ございません。
なかなか理解できず今に至ります…。

ご回答ありがとうございます。

マクロを書く場所については理解できました。
ありがとうございました。

This workbook.Pathについては頂いた比較は理解できたのですが
実際にhogeのフォルダをcドライブに作って比較の通りにthis workbook.pathで書いた場合とフルパスで書いた場合とでマクロを書いてみたのですがうまく動きませんでした。
エラーコード1004 フォルダ内に指定したファイルが存在しませんとなってしまい、取得できませんでした。

そもそもコードの書き方で日本語用フォントの問題なのかバックスラッシュを打とうとしても半角の「¥」になってしまいます。
バックスラッシュはスラッシュでも同じことなのか?また「¥」マークで
対象のpathを取得するコードを書いている人も見かけます。
この部分はどうゆう違いがあるのか理解できず苦しんでました(笑)

この先も必ずここで引っかかってしまうと思うのでパソコンの仕組みというか、まず階層について勉強をしないとついていけないなと感じましたので別途、本を購入して勉強したいと思います。

また、基礎編フォローアップ後半の講座ですが、確かに私のしたいことなのですが、自動記録を用いていると思います。
自動記録で書いたものと自分自身でコードを書いたものではどこがどのように違うのかがわかりません。その為、急に自動記録でマクロを作ってそのコードを見てみてもそれをどう使ってアレンジするか等、応用がききません。自動記録ではなくコードを自分で書いていくことをしなければ理解ができないと思ったのでこの後の講座の内容をお聞きしたしだいです。
自分自身がマクロを書けるようになるだけでなく、今現在作ってもらったマクロを使って仕事をしている部分があるのでそのメンテナンスをできなくてはならないのですが、マクロ歴30年以上のベテランの方が作ったマクロなので手も足も出ません(今のところは・・・)
その方の書いたマクロを読んで理解できて、更に自分がメンテナンスできるレベルまでいかないとダメなので自動記録をごっちゃにされると混乱してしまいます。
自動記録でマクロを書くのなら自動記録を使わずに作ったマクロのコードを説明はしなくてもいいので比較用に紹介してもらえたらなと思います。

講座の質問フォームからの相談で長々とすみません。
マクロを書く以前にパソコンの仕組みや基礎知識の向上の為にこの教材はいいよというおすすめがあったら教えてください。
よろしくお願いします。


9889 : 小川慶一の回答 (2018-05-01 15:10:09)

受講生 さん:

昨日以下の返事を差し上げたのですが、投稿先を誤ってしまいました。
ついては、こちらから改めてお返事いたします。

- - - 昨日のお返事ここから下↓ - - -

おお、がんばりましたね!

> [A] 転記元ファイルにマクロを書く場合

ひとつの転記元ファイルから複数の転記先ファイルにデータを転記するとにはこれで良いでしょう。


> [B] 転記先ファイルにマクロを書く場合

複数のの転記元ファイルからひとつの転記先ファイルにデータを転記するときにはこれで良いでしょう。


> [C] ネット、マクロを記入するだけのファイルを作り、そのファイルにマクロを書く場合。

すいません。「ネット」は、「別途」の誤記でした。

複数の転記元ファイルから複数の転記先ファイルにデータを転記するとにはこれが最善でしょう。


>  についてのメリットはアクティブになっていることで書いたマクロの
>  実行がその場で確認できる事。

これは、メリットとは言えません。
テストをするプログラマーの都合でしかないので、きちんと動作するようになったらどうでもいい問題です。

>  デメリットはファイルが他の人に開かれていると操作できない。
> デメリットは 転記元、転記先のファイルが開かれている場合は処理ができないので誰も転記元のファイルを開いていない状態でマクロを起動させる必要があると思います。

これは[A]、[B]、[C]のいずれでも起きる問題です。
基礎編レベルの段階では、実運用でカバーですね。つまり、Excelマクロで制御するのではなく、利用者に通知するこのマクロの仕様方法についての注意事項として取り扱います。


> > Thisworkbook.Path について調べてみてください。
> 調べてみました。

例えばCドライブにhogeというフォルダがあるとします。
フォルダのパスは C\hoge です。

ここに、fuga.xlsmというファイルがあるとします。
このfuga.xlsmというファイルが、piyo.xlsmというファイルを開くとします。

その時、Thiswork.Pathを使ってマクロ書く場合と、ファイルのパスをフルパスで指定する場合との比較を以下に示します。
以下でどうでしょうか。

Sub ThisWorkbookPathSample()
    Dim sPath
    sPath = ThisWorkbook.Path & "\piyo.xlsm"
    Workbooks.Open Filename:=sPath
End Sub
Sub FullPathSample()
    Dim sPath
    sPath = "C:\hoge\piyo.xlsm"
    Workbooks.Open Filename:=sPath
End Sub



C\hoge\mokyu にある uni.xlsm を開くなら、以下。

Sub ThisWorkbookPathSample()
    Dim sPath
    sPath = ThisWorkbook.Path & "\mokyu\uni.xlsm"
    Workbooks.Open Filename:=sPath
End Sub
Sub FullPathSample()
    Dim sPath
    sPath = "C:\hoge\mokyu\uni.xlsm"
    Workbooks.Open Filename:=sPath
End Sub


> 現在の業務ではLEFT関数やInstr関数を使うような業務はありません。
> それぞれの方が受けたお客様からの問い合わせについて記入しているファイルを読みに行って、一つのファイルに必要な情報だけを転記するといった内容です。そのため、フォローアップまで受講していますが実務に使えているのはIF文とFor Next構文で転記していくところぐらいです。
> この先の中級編でそのような勉強はありますか?

基礎編フォローアップの後半に、まさにそんな内容のものがありますが…。これでは足りないでしょうか?
動画24以降。
https://online.pc5bai.com/movie/index/27/871


9859 : 受講生さんのコメント (2018-04-28 16:52:02)

お世話になります。
ご返信、ありがとうございました。
先生から頂いた問題について私なりに考えてみたのですが、
いかんせん、初心者なものでいまいち違いがわかりませんでした。
わからないながら書いてみたので読んでみてください。

> [A] 転記元ファイルにマクロを書く場合
> [B] 転記先ファイルにマクロを書く場合
 についてのメリットはアクティブになっていることで書いたマクロの
 実行がその場で確認できる事。
 デメリットはファイルが他の人に開かれていると操作できない。

> [C] ネット、マクロを記入するだけのファイルを作り、そのファイルにマクロを書く場合。
メリットは転記元ファイル、転記先ファイルが複数あり、それを一度に処理したい場合に便利だと思います。
デメリットは 転記元、転記先のファイルが開かれている場合は処理ができないので誰も転記元のファイルを開いていない状態でマクロを起動させる必要があると思います。

デメリットについてはExcel上で操作している以上、開かれているとその時には操作できないというのが共通ではないかと思いました。

> Thisworkbook.Path について調べてみてください。
調べてみました。

Thisworkbook.Path・・・ブックのフォルダまでのパスを取得する。
なのでファイルまで取得したいときはThisworkbook.Pathの後にFullNameを書く必要があるという解釈で良いでしょうか?

マクロ以前の問題でPC自体の仕組みがわかっていないので複数ファイル間でのコードの書き方は理解しにくいです。

現在の業務ではLEFT関数やInstr関数を使うような業務はありません。
それぞれの方が受けたお客様からの問い合わせについて記入しているファイルを読みに行って、一つのファイルに必要な情報だけを転記するといった内容です。そのため、フォローアップまで受講していますが実務に使えているのはIF文とFor Next構文で転記していくところぐらいです。
この先の中級編でそのような勉強はありますか?


9851 : 小川慶一の回答 (2018-04-27 08:08:12)

受講生 さん:

おはようございます。

> 転記元と転記先とどちらにマクロを書きかますか?過去の動画の中でどっちに書かないといけません等、決まりについて説明している動画はありますか?

特に決まりはありません。
そればかりか、転記元でも転記先でもなく、マクロを記入するだけのファイルを作ることも考えられます。

その場合、以下の挙動になりますね。
[1] マクロが起動する。
[2] 転記元ファイルを開く。
[3] 転記先ファイルを開く。
[4] 転記を行う。
[5] 転記先ファイルを閉じる。
[6] 転記元ファイルを閉じる。

どの方法が良いかということの答えは状況によって変わります。

そこで、ご自身でも考えてみて欲しいです。
以下の[A]、[B]、[C]のそれぞれについて、メリットデメリットを考えてここに書いてみてください。

[A] 転記元ファイルにマクロを書く場合
[B] 転記先ファイルにマクロを書く場合
[C] ネット、マクロを記入するだけのファイルを作り、そのファイルにマクロ書く場合

いただいた答えを見て、さらにアドバイスをしたいと思います。

> また、転記するファイルのパスはパソコンのドライブから指定しないとダメなものと平気なものとの違いを教えてください。

Thisworkbook.Path について調べてみてください。

Thisworkオブジェクトは、そのマクロを含むファイルそのものを指します。
.Pathプロパティは、その直前で指定されたオブジェクトの存在するフォルダのパスを示します。

つまり、Thiswork.Pathは、そのマクロの入ったエクセルファイルの所在するフォルダのパスを示します。


> お世話になります。
> 初めて質問させて頂きます。
> 業務で2つのファイルを開いて転記をすることが多くあり、こちらで学んだ内容を活かしております。
> が、いつも悩む事があります。
> 転記元と転記先とどちらにマクロを書きかますか?過去の動画の中でどっちに書かないといけません等、決まりについて説明している動画はありますか?
> また、転記するファイルのパスはパソコンのドライブから指定しないとダメなものと平気なものとの違いを教えてください。
> 実務で使ってみているのですが、うまく行かず困っています。
> よろしくお願いします。


9848 : 受講生さんのコメント (2018-04-26 17:42:49)

お世話になります。
初めて質問させて頂きます。
業務で2つのファイルを開いて転記をすることが多くあり、こちらで学んだ内容を活かしております。
が、いつも悩む事があります。
転記元と転記先とどちらにマクロを書きかますか?過去の動画の中でどっちに書かないといけません等、決まりについて説明している動画はありますか?
また、転記するファイルのパスはパソコンのドライブから指定しないとダメなものと平気なものとの違いを教えてください。
実務で使ってみているのですが、うまく行かず困っています。
よろしくお願いします。


9786 : 小川慶一の回答 (2018-04-19 08:23:51)

ゲストさん:

おはようございます。

> 先生、回答ありがとうございます!
> 第一目的を達成できそうなので、導入編に戻ります☆
> どんなことが学べるのかをざ~っと見ていた時に、目的の回があったので飛びついてしまいました。
> 失礼いたしました。

であれば、本当によかったです。
ひきつづき、よろしくお願いいたします。


9783 : ゲストさんのコメント (2018-04-19 06:18:41)

先生、回答ありがとうございます!
第一目的を達成できそうなので、導入編に戻ります☆

余談ですが、教科書をもらったら一通り目を通し、面白そうだなと思った問題を解こうとしても当たり前のようにわからないので、学校の先生に聞くと「その問題はまだだ」と怒られ、塾の先生に教えてもらっていたことを思い出しました(笑)

大人になっても変わっていないようで、どんなことが学べるのかをざ~っと見ていた時に、目的の回があったので飛びついてしまいました。
失礼いたしました。


9780 : 小川慶一の回答 (2018-04-18 23:04:27)

ゲストさん:

なるほど。

拡張子が違いますね。

以下で、1行目はゲストさんの書いたマクロ。2行目は僕が直したものです。

Sub tenki()
'    Workbooks("main.xls").Worksheets("sheet1").Range("A3").Value = Workbooks("tenki.xls").Worksheets("sheet1").Range("B3").Value
    Workbooks("main.xlsm").Worksheets("sheet1").Range("A3").Value = Workbooks("tenki.xlsm").Worksheets("sheet1").Range("B3").Value
End Sub


それから、上記では、「ファイル名mainのsheet1のA3セルの値をファイル名tenkiのsheet1のB3セルに転記したい」という目的と反対ですね。
(左辺と右辺が逆)

このレベルの課題ひとつで基本的な間違いが重複して発生しているようですと、先に進むのはおそらくムリです。
ゲストさんの本オンライン講座の利用状況ログも確認しましたが、たぶんペースが早すぎでしょう。
導入編からしっかりやり直すべきかと思います。

ひとつひとつの課題を、自分でパソコン操作しながら解きつつ先に進むようにしてください。



> こんばんは。
> フォルダerrorの中のファイル名mainのsheet1のA3セルの値をファイル名tenkiのsheet1のB3セルに転記したいと思っています。
>
> よろしくお願いします。


9779 : ゲストさんのコメント (2018-04-18 22:35:06)

こんばんは。
フォルダerrorの中のファイル名mainのsheet1のA3セルの値をファイル名tenkiのsheet1のB3セルに転記したいと思っています。

よろしくお願いします。


9778 : 小川慶一の回答 (2018-04-18 09:36:46)

受講生 さん:

おお、良いですね!
よい結果となりますよう☆

> 小川先生
> アドバイスありがとうございます。
> [1]について、マクロでデータをうつせるようになりました。
> [2]について、今日チームへの説明の機会をいただきました。しっかり説得力のある説明をしたいと思います。
> [3]について、成果物が形になってくると、やりきるぞ!という気持ちがわいてきますね。先生がおっしゃった、スキルと意思が相互に強め合うというのを身をもって感じています。
>
> 取り急ぎ今日は[2]に注力します。
>
> アドバイスありがとうございます!


9777 : 小川慶一の回答 (2018-04-18 09:35:23)

ゲストさん:

どのフォルダのどのファイルにゲストさんの書かれた添削して欲しいマクロがあるのでしょうか。

相談相手が困らないように十分に準備してから相談を投稿してください。
人間相手にそういうことを練習するのも、こびとちゃんを操作するときに必要なスキルを高めるためのよい準備です。
よろしくお願いします。


> おはようございます。
> 「プログラムを投稿する場合のヒント」のコードはエクセルに入れるものではなかったことに気が付きました。
> 失礼いたしました。
>
> ファイルを送りましたのでよろしくお願いします。


9776 : 受講生さんのコメント (2018-04-18 08:37:23)

小川先生
アドバイスありがとうございます。
[1]について、マクロでデータをうつせるようになりました。
[2]について、今日チームへの説明の機会をいただきました。しっかり説得力のある説明をしたいと思います。
[3]について、成果物が形になってくると、やりきるぞ!という気持ちがわいてきますね。先生がおっしゃった、スキルと意思が相互に強め合うというのを身をもって感じています。

取り急ぎ今日は[2]に注力します。

アドバイスありがとうございます!


9775 : ゲストさんのコメント (2018-04-18 08:36:45)

おはようございます。
「プログラムを投稿する場合のヒント」のコードはエクセルに入れるものではなかったことに気が付きました。
失礼いたしました。

ファイルを送りましたのでよろしくお願いします。


9770 : 小川慶一の回答 (2018-04-18 06:39:21)

ゲストさん:

添付いただいたファイルに、マクロが入っていないようです。
添削可能なファイルを再度お送りください。
それから、マクロが入ったファイルと、開こうとしているファイル、その両方を.zipファイルにまとめて送ることができますか?
難しければ、まずは、あなたが書いたマクロの入ったファイルだけをお送りください。


> ほんのひと文でお恥ずかしいかぎりですが、何度見ても、何度書き直しても、動画をストップして比較してみても、、、ギブアップです((+_+))
>
> よろしくお願いします。


9766 : ゲストさんのコメント (2018-04-17 21:49:31)

ほんのひと文でお恥ずかしいかぎりですが、何度見ても、何度書き直しても、動画をストップして比較してみても、、、ギブアップです((+_+))

よろしくお願いします。


9763 : 小川慶一の回答 (2018-04-17 11:59:12)

受講生 さん:

ここをやりきるには、ある程度のリソースが必要です。

[1]自分自身のパソコンスキルをしっかり身につけること。
手作業ででもExcelマクロを使ってでもよいのですが、ともあれ、複数ファイル間でのデータ転記を自力でできる必要はありますね。

[2]他者に対して説得力を持つこと。
これは、心理学的な面というのもありますが、それはさておき、「パソコン仕事やデータ整理に関することであれば、受講生さんの言うようにやるのが良いだろう」と周りの方が思ってくれるようになることです。
そのためには、受講生さん自身のパソコンスキルの向上は大事ですね。

[3]この改善をやりきるぞという意思をしっかり持つこと。
意思であればパソコンスキルも身につくでしょう。データの整理もできるでしょう。
同時に、パソコンスキルを身につけてデータ整理についても自信がつけば、この程度の改善ならやり切れるぞという自信もついてきます。
つまり、スキルと意思は相互に強めあうということです。(もちろん、お互いが弱めあうということもありますね)

あとは、あなたの提案する新しいやり方が他の方にとってもメリットのあることであれば、他の方も喜んでしたがってくれます。
例えば、マクロをガシガシ書いて、ついでに他の人が手作業で作っていたレポートも自動的に出てくるようにしてしまうとか。そこまでできなくても、他の方がレポート作成するのが簡単になるところまである程度整形した「R」を作成できるツールを用意するとか。

早速、結果を出して上昇気流になれるか?それとも、これまで通りのあり方を続けてしまうのか?というところの分岐点に来ているかもしれませんね。
さて、どこからやりましょう?



> 小川先生:
>
> おっしゃる通り、ほかの方も取り扱うファイルですので、皆さんの同意を得る必要があります。
> 私が使いたい分のシートのみをコピーして別ファイルに保存するということにして、元データには支障ないようにするという方向で行こうかと思います。
> それでも同意を得られなかった場合は、どうしよう。。。


9761 : 受講生さんのコメント (2018-04-17 09:16:56)

小川先生:

おっしゃる通り、ほかの方も取り扱うファイルですので、皆さんの同意を得る必要があります。
私が使いたい分のシートのみをコピーして別ファイルに保存するということにして、元データには支障ないようにするという方向で行こうかと思います。
それでも同意を得られなかった場合は、どうしよう。。。


9760 : 小川慶一の回答 (2018-04-17 09:09:53)

受講生 さん:

まさに、やりたいのはそこですね。
そのファイルを取り扱っているのはあなただけですか?そうでない場合、他の方の同意を取ることもしなければなりません。もしその課題がある場合、どのように解決しましょう?


> 小川先生
> ありがとうございます。
> データが重いのは、おっしゃる通りRが30種類(数えてみたら多かった)ほどひとつのブックに入っているからです。
> まずは一度ファイルをあけて、関係あるファイルのみ抽出して、そこからDを作るというという流れかなと思っています。ご意見伺えませんでしょうか。


9759 : 受講生さんのコメント (2018-04-17 09:06:58)

小川先生
ありがとうございます。
データが重いのは、おっしゃる通りRが30種類(数えてみたら多かった)ほどひとつのブックに入っているからです。
まずは一度ファイルをあけて、関係あるファイルのみ抽出して、そこからDを作るというという流れかなと思っています。ご意見伺えませんでしょうか。


9754 : 小川慶一の回答 (2018-04-17 08:37:22)

ゲストさん:

おはようございます。

> 元データの値が消えてしまい転記されないのです。
> 何が間違えているのでしょうか?

たぶん、何かを間違えているのでしょうね。

でも、何を間違えたのか?まではこの状況報告だけで分りようがありません。

ですので、もし自分が書いたマクロを添削して欲しいということであれば、以下のどちらかを行ってください。
[1]自分が書いたプログラムをこの投稿欄に貼り付ける。
[2]自分が書いたプログラムが含まれてエクセルファイルをこの投稿欄から送付する。


9748 : ゲストさんのコメント (2018-04-17 07:52:39)

お世話になっております。
複数ファイル間でのデータの転記、時々ある業務でコピペで数日間かけてひたすら、、、という地獄が一気に解決!と意気揚々としていたのですが、自分でプログラムを書いてみるとうまくいきません。

この動画のたった一つの文章でもうまく動きません。。。

イコールの前が間違っているのかと思い、値を入れるプログラムを書いてみたところ、それはうまく値が入ります。
イコール以下が間違っているのかと思って、コピペをし、ブックとシート名を修正しましたがうまくいきません。

元データの値が消えてしまい転記されないのです。
何が間違えているのでしょうか?

コピペとサヨナラの扉が目の前にあるのに、開けることができないもどかしさを抱えつつ出勤してきます。。。


9746 : 小川慶一の回答 (2018-04-17 00:00:41)

井山文枝さん:

まずは、DPRからですね。
以下の動画を観て、ひとつひとつ、丁寧にコメントしてみてください。
https://online.pc5bai.com/Package/index/35


> 開いているファイル以外は操作できない、とのことで悩んでいます。
>
> 元のデータファイルが1メガ以上あって、開くのだけで10秒以上(体感なので、もっと短いかもしれないし長いかもしれません)かかってしまいます。参照したいデータファイルは300以上あります。300個を開いて閉じて、としていたら負担がかなりかかりそうです。
>
> やりたい動作は、データファイルにある20シート中のひとつのシートの数行をコピーして、マスターシートに書き込むというものです。初心者考えなのですが、ファイルを開くのは大変だけど、中身の処理自体は時間かからないのかな、と思っています。
>
> 容量を軽くした3件のデータファイルを使ってサンプルで作ってみたところ、処理自体は出来るのですが、完了までに1分以上かかってしまいました。本運用した場合、負担が大きすぎてフリーズしたりパソコンがダウンしてしまわないか心配です。
>
> そのような場合、マクロの処理の負担(?)を下げ、時間を短縮させるためにはどんな方法があるでしょうか。
> ネットで調べたところ、ブックを開かないでデータを持ってくる方法(ExecuteExcel4Macro)や、スクリーンの更新を解除などがみつかりましたが、これらについてはいかがお考えでしょうか。
>
> もしくは、特にどの講座であったり、どの講義をみるとヒントがある、ということを教えていただけないでしょうか。
>
> よろしくお願いします。


9745 : 井山文枝さんのコメント (2018-04-16 22:06:53)

開いているファイル以外は操作できない、とのことで悩んでいます。

元のデータファイルが1メガ以上あって、開くのだけで10秒以上(体感なので、もっと短いかもしれないし長いかもしれません)かかってしまいます。参照したいデータファイルは300以上あります。300個を開いて閉じて、としていたら負担がかなりかかりそうです。

やりたい動作は、データファイルにある20シート中のひとつのシートの数行をコピーして、マスターシートに書き込むというものです。初心者考えなのですが、ファイルを開くのは大変だけど、中身の処理自体は時間かからないのかな、と思っています。

容量を軽くした3件のデータファイルを使ってサンプルで作ってみたところ、処理自体は出来るのですが、完了までに1分以上かかってしまいました。本運用した場合、負担が大きすぎてフリーズしたりパソコンがダウンしてしまわないか心配です。

そのような場合、マクロの処理の負担(?)を下げ、時間を短縮させるためにはどんな方法があるでしょうか。
ネットで調べたところ、ブックを開かないでデータを持ってくる方法(ExecuteExcel4Macro)や、スクリーンの更新を解除などがみつかりましたが、これらについてはいかがお考えでしょうか。

もしくは、特にどの講座であったり、どの講義をみるとヒントがある、ということを教えていただけないでしょうか。

よろしくお願いします。


8822 : 小川慶一の回答 (2017-09-03 15:16:57)

受講生 さん:

手元、とても大切です (^^*

> ファイル操作って夢ですね。
> 夢が実現しつつあります。
>
> その前に、フォロアップをしっかりやって
> 手を動かして身につけていきます!


8817 : 受講生さんのコメント (2017-08-31 20:05:48)

ファイル操作って夢ですね。
夢が実現しつつあります。

その前に、フォロアップをしっかりやって
手を動かして身につけていきます!


8727 : 小川慶一の回答 (2017-08-15 19:08:06)

浦山大さん:

> 職場はRの状態で書かれたExcelの相談記録100シートがあり、
> 強引にワークシート関数(Index)を使用してDの形に纏め、
> 報告書や分析ピボットを形成しやすいようにしています(カウンセリングの記録なので所謂、Excel方眼紙状態の非常に取りこみにくいRです)。

各シートのどのセルに何についての情報が入っているのか?といったことが規則的に決まっているなら、基礎編レベルのマクロでも一気にDの形に直せますよ。

たとえば、一番左のシートがD用のシートとして、以下の要領。

Sub toromatome()
    Dim i
    For i = 2 To Worksheets.Count '←発展編で扱いますが、アクティブブック内のシートの数を取得できます。
        Worksheets(1).Range("a" & i + 1).Value = i - 1
        Worksheets(1).Range("b" & i + 1).Value = Worksheets(i).Range("f3").Value
        Worksheets(1).Range("c" & i + 1).Value = Worksheets(i).Range("f7").Value
        Worksheets(1).Range("d" & i + 1).Value = Worksheets(i).Range("f11").Value
        '...
    Next
End Sub


> □入力ミス、漏れが発生しやすいので(職場が殆ど60代以上のPC不得手な方で構成されている関係上)、フォーム等で入力ミス削減、入力データの統一を図りたい(現状は入力規則で縛っていますが、これをフォームにしてみたい)
> などなど、少しずつでも形にしていきます。


これは、「イベントとフォーム」講座の出番ですね。

> データ自体は100~150個位が月間に発生するだけなんですが、
> マクロに置きかえられるところを置き換えていけば、
> 私の仕事時間は限りなく0に近付けられるはずです。
>
> 仕事は個室でゆっくりできるので、
> 浮いた時間は更にスキルアップしてもっと大規模なデータや、
> 複雑なデータを扱えるようにして、年収アップも狙っていきたいと思います。
> その為にもまずは現状で負荷を限りなく0にするところから始めたいと思います。

お楽しみを☆


8718 : 浦山大さんのコメント (2017-08-15 09:35:48)

小川先生
コメントありがとうございました。

>浦山さんの場合は、フォローアップをやってみて、行き詰まったら、それから>講座本編の資料を見直したり、動画を見直したり、というのでも良いかと思
>います。

こちらのコメントを拝見し、フォローアップから取り組むことにしました。
必要に応じて基礎編の動画と行き来する形で進めていく方針に致します。

>フォローアップ演習の動画は、
>通勤時間の電車の中等でも見られるかもしれません。

帰宅時は拝見するようにしていますよ(*^^)v
良い復習になっています!

>あと、実務もマクロをガンガン活用してください。

フォローアップ7まで動画を拝見しました。
次、手を動かします。

職場はRの状態で書かれたExcelの相談記録100シートがあり、
強引にワークシート関数(Index)を使用してDの形に纏め、
報告書や分析ピボットを形成しやすいようにしています(カウンセリングの記録なので所謂、Excel方眼紙状態の非常に取りこみにくいRです)。

□シート名の変更が頻繁にあるのを処理として何とかしたい(現状、練習不足なので構想はあるもののぼんやりしている為、今は練習に集中)

□入力ミス、漏れが発生しやすいので(職場が殆ど60代以上のPC不得手な方で構成されている関係上)、フォーム等で入力ミス削減、入力データの統一を図りたい(現状は入力規則で縛っていますが、これをフォームにしてみたい)
などなど、少しずつでも形にしていきます。

データ自体は100~150個位が月間に発生するだけなんですが、
マクロに置きかえられるところを置き換えていけば、
私の仕事時間は限りなく0に近付けられるはずです。

仕事は個室でゆっくりできるので、
浮いた時間は更にスキルアップしてもっと大規模なデータや、
複雑なデータを扱えるようにして、年収アップも狙っていきたいと思います。
その為にもまずは現状で負荷を限りなく0にするところから始めたいと思います。

続きもがんばります!


8704 : 小川慶一の回答 (2017-08-14 00:46:28)

浦山大さん:

> そのうえで、フォローアップに挑みます!

浦山さんの場合は、フォローアップをやってみて、行き詰まったら、それから講座本編の資料を見直したり、動画を見直したり、というのでも良いかと思います。

フォローアップ演習の動画は、通勤時間の電車の中等でも見られるかもしれません。
あと、実務もマクロをガンガン活用してください。


8698 : 浦山大さんのコメント (2017-08-13 16:12:22)

急ぎではありましたがお休み中に一通り全て動画を拝見させていただきました。
職場では動画が見られませんが、ファイル自体の操作は行えますので、
動画を見ながら触ったコードを何度も何度もやり直して体に染み込ませたいと思います。

そのうえで、フォローアップに挑みます!


7446 : 小川慶一の回答 (2016-12-22 11:25:10)

受講生 さん:

順を追って学んでいけば難しいことではないです v(^^*

>実務でもほかのファイルから情報を拾って埋めてまたさらに別のファイルからといくつものファイルを参照して再集計になるマクロを実行しています。どうやってやるのか不思議でしたが、なんとなくわかりました。


7444 : 受講生さんのコメント (2016-12-21 15:47:49)

実務でもほかのファイルから情報を拾って埋めてまたさらに別のファイルからといくつものファイルを参照して再集計になるマクロを実行しています。どうやってやるのか不思議でしたが、なんとなくわかりました。


5519 : 小川慶一の回答 (2016-01-06 09:46:37)

受講生 さん:

その書き方だとそのときにアクティブなファイル、シートが何かによって結果が変わります。
この動画を見た人が操作ミス等のために別ファイル、別シートを開いていたとしても動くようにと考えたら面倒でもファイル、シートを指定したサンプルのほうがよいかなと思いまして。

>ブックを開く際に、動画では
>Workbooks.Open Filename:="D:\tsuika\sub\" & Workbooks("main.xls").Worksheets("Sheet1").Range("B5").Value
>のように指定していましたが、
>Workbooks.Open Filename:="D:\tsuika\sub\" & Range("B5").Value
>でも開けると思い、実際に試してみたところ開けました。


5509 : 受講生さんのコメント (2016-01-02 00:45:22)

ブックを開く際に、動画では
Workbooks.Open Filename:="D:\tsuika\sub\" & Workbooks("main.xls").Worksheets("Sheet1").Range("B5").Value
のように指定していましたが、
Workbooks.Open Filename:="D:\tsuika\sub\" & Range("B5").Value
でも開けると思い、実際に試してみたところ開けました。


5494 : 小川慶一の回答 (2015-12-23 14:11:14)

受講生 さん:

なるほど、そういうことですか。

> 行列を変換する必要があったり

導入編で自動記録のやり方について紹介しています。
自動記録しつつ範囲指定してコピー→別の場所に、「行列を入れ替えて貼りつけ」してみてください。

> 不要な行や列を消去する必要があったり、

上記も、自動記録にて。

> あるいはテキストデータなどからデータを取り込む必要があります。

これも、まずは自動記録にて。

ということで、自動記録を使えば力業でなんとかなるかもしれません。

自動記録で出来上がるマクロはメソッドの構文を含んだりといろいろあります。
そこまできちんと読解して自在に編集できるようになりたいということでしたら、発展編1まで学ぶ必要はあります。
http://www.exvba.com/hatten1.php

> 官公庁のホームページに掲載されている時系列データのフォームがまちまちなため、それを取り込むのに、

これは、力業でやる方法とマクロで一気に片付けてしまう方法があります。
全社は、そのページからデータを取得する都度、 [Ctrl] + [A] で全体を選択、 [Ctrl] + [C] でコピー。そして、エクセルシートに貼り付けです( [Ctrl] + [V] )。

上記は、よけいな書式データのコピーもされるので時間はかかりますが、スキルがあまりなくてもやれる方法です。
複数回同様の処理をするのであれば、エクセルに貼りつけたあとの作業はマクロで行ってください。

マクロで一気に片付けるのであれば、マクロを使って直接ウェブページからデータを取得することもできます。
http://www.exvba.com/webr.php (←発展編1を修了してからの受講をおすすめします)

頻繁に似たようなデータ収集を行うということでしたら、マクロを使って直接ウェブページからデータを取得するほうが楽でしょう。

いずれにしても、ウェブページはDPRで言うところのRなので、ここから持ってきた情報を直接加工して作りたい帳票なりを作るというより、まずはウェブページから持ってきた情報を使って自分のエクセルファイルのどれかのシートにDを作ることを目指してください。

Dさえあれば種々のレポートを作ることも都度ウェブページから情報を引っ張ってきて処理するよりも簡単です。
経済調査関係のお仕事をされているということなので、自分用に基礎データを蓄積する仕組みを作っておけば、それ自体が職場での情報収集力の面でのさらに強烈な差別化点になるかと思います。


>小川さん、
>
>ちょっと言葉足らずでした。自分の業務上、もう少し勉強する必要があると感じました。経済調査関係の仕事をしており、業務の効率化のため、VBAの勉強を始めました。官公庁のホームページに掲載されている時系列データのフォームがまちまちなため、それを取り込むのに、行列を変換する必要があったり、不要な行や列を消去する必要があったり、あるいはテキストデータなどからデータを取り込む必要があります。ご指摘いただいたDPRやフォローアップ講座も活用し、もう少し勉強します。
>
>
>
>>受講生 さん:
>>
>>コメントありがとうございます。
>>
>>>実務で生かすには、やはり基礎編だけでは不十分なことがわかりました。
>>
>>どういう状態をもって「実務で活か」しているとみなすか次第かと。
>>「基礎編レベルの知識だけでマクロを十分にガンガン活用できている」という声も多いです。そういう方は、「基礎編だけでは十分なことがわかりました」とおっしゃいます。
>>
>>※もっとも、そういう方は、以下の無料動画で言う「DPR」にしっかり基づいた仕事をされているようです。
>>http://www.exvba.com/dpr.php
>>
>>> ところで、For Next構文では、行を変数にする方法は習いましたが、列を変数にする方法もあるのでしょうか。
>>
>>発展編で扱います。
>>もっとも、縦にではなく、横に連続計算をしなくてはならないようだと、そもそも作業対象の表の設計に問題がある場合が多いです。どんな案件で困られているのかは見ていないので分かりませんが、上記「DPR」に基づいた仕事にできないか?再検討してみてください。
>


5492 : 受講生さんのコメント (2015-12-22 17:37:09)

小川さん、

ちょっと言葉足らずでした。自分の業務上、もう少し勉強する必要があると感じました。経済調査関係の仕事をしており、業務の効率化のため、VBAの勉強を始めました。官公庁のホームページに掲載されている時系列データのフォームがまちまちなため、それを取り込むのに、行列を変換する必要があったり、不要な行や列を消去する必要があったり、あるいはテキストデータなどからデータを取り込む必要があります。ご指摘いただいたDPRやフォローアップ講座も活用し、もう少し勉強します。



>受講生 さん:
>
>コメントありがとうございます。
>
>>実務で生かすには、やはり基礎編だけでは不十分なことがわかりました。
>
>どういう状態をもって「実務で活か」しているとみなすか次第かと。
>「基礎編レベルの知識だけでマクロを十分にガンガン活用できている」という声も多いです。そういう方は、「基礎編だけでは十分なことがわかりました」とおっしゃいます。
>
>※もっとも、そういう方は、以下の無料動画で言う「DPR」にしっかり基づいた仕事をされているようです。
>http://www.exvba.com/dpr.php
>
>> ところで、For Next構文では、行を変数にする方法は習いましたが、列を変数にする方法もあるのでしょうか。
>
>発展編で扱います。
>もっとも、縦にではなく、横に連続計算をしなくてはならないようだと、そもそも作業対象の表の設計に問題がある場合が多いです。どんな案件で困られているのかは見ていないので分かりませんが、上記「DPR」に基づいた仕事にできないか?再検討してみてください。


5476 : 小川慶一の回答 (2015-12-19 09:21:18)

受講生 さん:

コメントありがとうございます。

>実務で生かすには、やはり基礎編だけでは不十分なことがわかりました。

どういう状態をもって「実務で活か」しているとみなすか次第かと。
「基礎編レベルの知識だけでマクロを十分にガンガン活用できている」という声も多いです。そういう方は、「基礎編だけでは十分なことがわかりました」とおっしゃいます。

※もっとも、そういう方は、以下の無料動画で言う「DPR」にしっかり基づいた仕事をされているようです。
http://www.exvba.com/dpr.php

> ところで、For Next構文では、行を変数にする方法は習いましたが、列を変数にする方法もあるのでしょうか。

発展編で扱います。
もっとも、縦にではなく、横に連続計算をしなくてはならないようだと、そもそも作業対象の表の設計に問題がある場合が多いです。どんな案件で困られているのかは見ていないので分かりませんが、上記「DPR」に基づいた仕事にできないか?再検討してみてください。


5474 : 受講生さんのコメント (2015-12-19 08:49:57)

小川さま、基礎編だけでも大変参考になりました。が、実務で生かすには、やはり基礎編だけでは不十分なことがわかりました。時間を見つけて発展編にも挑戦していきたいと思います。ところで、For Next構文では、行を変数にする方法は習いましたが、列を変数にする方法もあるのでしょうか。


5472 : 小川慶一の回答 (2015-12-18 11:20:07)

受講生 さん:

追記です。この動画の再生ページから教材DLできるよう、只今対応いたしました。
ひきつづきどうぞよろしくお願いいたします。

>小川慶一 さん:
>
>いえ、準備されていないようなら、結構です。
>承知いたしました。
>
>>受講生 さん:
>>
>>ここまで順調に学ばれてきた方なら不要かなとも思ったのですが、必要でしょうか。
>>
>>>追加された動画で使用する資料も、http://padstudy.jp/download/kiso/kiso_files.zip内に追加されたのでしょうか。もし追加されているようでしたら、どのファイルに入っているのでしょうか。
>>
>


5468 : 受講生さんのコメント (2015-12-18 04:43:49)

小川慶一 さん:

いえ、準備されていないようなら、結構です。
承知いたしました。

>受講生 さん:
>
>ここまで順調に学ばれてきた方なら不要かなとも思ったのですが、必要でしょうか。
>
>>追加された動画で使用する資料も、http://padstudy.jp/download/kiso/kiso_files.zip内に追加されたのでしょうか。もし追加されているようでしたら、どのファイルに入っているのでしょうか。
>


5466 : 小川慶一の回答 (2015-12-17 17:50:30)

受講生 さん:

ここまで順調に学ばれてきた方なら不要かなとも思ったのですが、必要でしょうか。

>追加された動画で使用する資料も、http://padstudy.jp/download/kiso/kiso_files.zip内に追加されたのでしょうか。もし追加されているようでしたら、どのファイルに入っているのでしょうか。


3日がかりのその仕事、3分で終わらせる方法教えます。ガラパゴスタディーオンライン講座 ユーザー登録

本講座の動画一覧

  1. 【動画1】 基礎講座第1章1 - マクロの入ったファイルを開くときの注意点
    【動画1】 基礎講座第1章1 - マクロの入ったファイルを開くときの注意点 未習得
  2. 【動画2】 基礎講座第1章2 - オブジェクトの指定
    【動画2】 基礎講座第1章2 - オブジェクトの指定 未習得
  3. 【動画3】 基礎講座第1章3 - 色の指定
    【動画3】 基礎講座第1章3 - 色の指定 未習得
  4. 【動画4】 基礎講座第1章4 - コメントの活用
    【動画4】 基礎講座第1章4 - コメントの活用 未習得
  5. 【動画5】 基礎講座第1章5 - 算術演算子
    【動画5】 基礎講座第1章5 - 算術演算子 未習得
  6. 【動画6】 基礎講座第1章6 - 手書きする演習
    【動画6】 基礎講座第1章6 - 手書きする演習 未習得
  7. 【動画7】 基礎講座第1章7 - ワークシート関数との挙動の違い
    【動画7】 基礎講座第1章7 - ワークシート関数との挙動の違い 未習得
  8. 【動画8】 基礎講座第1章8 - 変数を使ったプログラム、変数を使う意義
    【動画8】 基礎講座第1章8 - 変数を使ったプログラム、変数を使う意義 未習得
  9. 【動画9】 基礎講座第1章9 - 変数を活用するときの注意点
    【動画9】 基礎講座第1章9 - 変数を活用するときの注意点 未習得
  10. 【動画10】 基礎講座第1章10 - 自動データヒント機能
    【動画10】 基礎講座第1章10 - 自動データヒント機能 未習得
  11. 【動画11】 基礎講座第1章11 - テストの方法
    【動画11】 基礎講座第1章11 - テストの方法 未習得
  12. 【動画12】 基礎講座第1章12 - ドリル
    【動画12】 基礎講座第1章12 - ドリル 未習得
  13. 【動画13】 基礎講座第2章1 - 第2章の概要
    【動画13】 基礎講座第2章1 - 第2章の概要 未習得
  14. 【動画14】 基礎講座第2章2 - 文字列とは
    【動画14】 基礎講座第2章2 - 文字列とは 未習得
  15. 【動画15】 基礎講座第2章3 - 文字列操作の基本
    【動画15】 基礎講座第2章3 - 文字列操作の基本 未習得
  16. 【動画16】 基礎講座第2章4 - セルの書式と、値の投入
    【動画16】 基礎講座第2章4 - セルの書式と、値の投入 未習得
  17. 【動画17】 基礎講座第2章5 - 文字列の結合
    【動画17】 基礎講座第2章5 - 文字列の結合 未習得
  18. 【動画18】 基礎講座第2章6 - セルやシートの指定に使われる文字列
    【動画18】 基礎講座第2章6 - セルやシートの指定に使われる文字列 未習得
  19. 【動画19】 基礎講座第2章7 - 日付の扱い
    【動画19】 基礎講座第2章7 - 日付の扱い 未習得
  20. 【動画20】 基礎講座第2章8 - ドリル1
    【動画20】 基礎講座第2章8 - ドリル1 未習得
  21. 【動画21】 基礎講座第2章9 - ドリル2
    【動画21】 基礎講座第2章9 - ドリル2 未習得
  22. 【動画22】 基礎講座第2章10 - ドリル3
    【動画22】 基礎講座第2章10 - ドリル3 未習得
  23. 【動画23】 基礎講座第2章11 - ドリル4
    【動画23】 基礎講座第2章11 - ドリル4 未習得
  24. 【動画24】 基礎講座第2章12 - ドリル5
    【動画24】 基礎講座第2章12 - ドリル5 未習得
  25. 【動画25】 基礎講座第3章1 - マクロを書く人のためのキーボード操作
    【動画25】 基礎講座第3章1 - マクロを書く人のためのキーボード操作 未習得
  26. 【動画26】 基礎講座第3章2 - マクロを書く人のためのショートカットキー操作
    【動画26】 基礎講座第3章2 - マクロを書く人のためのショートカットキー操作 未習得
  27. 【動画27】 基礎講座第3章3 - Left関数、Mid関数、Right関数
    【動画27】 基礎講座第3章3 - Left関数、Mid関数、Right関数 未習得
  28. 【動画28】 基礎講座第3章4 - Len関数、Instr関数
    【動画28】 基礎講座第3章4 - Len関数、Instr関数 未習得
  29. 【動画29】 基礎講座第3章5 - 手書きドリル1(関数の練習)
    【動画29】 基礎講座第3章5 - 手書きドリル1(関数の練習) 未習得
  30. 【動画30】 基礎講座第3章6 - 手書きドリル2(関数の練習)
    【動画30】 基礎講座第3章6 - 手書きドリル2(関数の練習) 未習得
  31. 【動画31】 基礎講座第3章7 - 住所情報を分割する(方針を考える)
    【動画31】 基礎講座第3章7 - 住所情報を分割する(方針を考える) 未習得
  32. 【動画32】 基礎講座第3章8 - 住所情報を分割する(方針の説明)
    【動画32】 基礎講座第3章8 - 住所情報を分割する(方針の説明) 未習得
  33. 【動画33】 基礎講座第3章9 - 住所情報を分割する(実習)
    【動画33】 基礎講座第3章9 - 住所情報を分割する(実習) 未習得
  34. 【動画34】 基礎講座第3章10 - プログラミング実習のまとめ
    【動画34】 基礎講座第3章10 - プログラミング実習のまとめ 未習得
  35. 【動画35】 基礎講座第4章1 - 第4章の概要
    【動画35】 基礎講座第4章1 - 第4章の概要 未習得
  36. 【動画36】 基礎講座第4章2 - ハナコのステップ
    【動画36】 基礎講座第4章2 - ハナコのステップ 未習得
  37. 【動画37】 基礎講座第4章3 - 「For Next構文」を覚える
    【動画37】 基礎講座第4章3 - 「For Next構文」を覚える 未習得
  38. 【動画38】 基礎講座第4章4 - 「For Next構文」の実習
    【動画38】 基礎講座第4章4 - 「For Next構文」の実習 未習得
  39. 【動画39】 基礎講座第4章5 - 「ハナコのステップ」のふりかえり
    【動画39】 基礎講座第4章5 - 「ハナコのステップ」のふりかえり 未習得
  40. 【動画40】 基礎講座第4章6 - If文
    【動画40】 基礎講座第4章6 - If文 未習得
  41. 【動画41】 基礎講座第4章7 - 「If文」の実習
    【動画41】 基礎講座第4章7 - 「If文」の実習 未習得
  42. 【動画42】 基礎講座第4章8 - 比較の条件設定バリエーション
    【動画42】 基礎講座第4章8 - 比較の条件設定バリエーション 未習得
  43. 【動画43】 基礎講座第4章9 - If文のその他の構文その1
    【動画43】 基礎講座第4章9 - If文のその他の構文その1 未習得
  44. 【動画44】 基礎講座第4章10 - If文のその他の構文その2
    【動画44】 基礎講座第4章10 - If文のその他の構文その2 未習得
  45. 【動画45】 補講:複数ファイル間でのデータ転記
    【動画45】 補講:複数ファイル間でのデータ転記 未習得

塾長 小川慶一

メニュー

コメント紹介

もっと見る

ページの先頭へ