転記先シートを生成してデータを流し込む。

この講座は有料講座です。
講座の購入後ご覧になれます。

ログインアカウントの新規作成

解説

演習問題テーマ:転記先シートを生成してデータを流し込む。

条件に一致するデータを抽出して別リストに書き出す方法のアレンジです。転記先シートの生成からマクロで一貫して行います。

この教材についての過去の質問・感想

11614 : 小川慶一の回答 (2019-10-02 08:30:03)

受講生 さん:

おはようございます。

> その後、データを転記するコードを書かれて、動作を確認されるためにF5なりF8を押されてもエラーが出ないのは何故でしょうか。

この動画では、F8, F5の前に、必ず、作成済のシートを手作業で消しています。
その様子も動画内で確認できるかと思います。


11611 : 受講生さんのコメント (2019-10-01 06:36:57)

お世話になります。画面上、最初の段階でtempleteシートの複製をして、名前をsampleとした自動マクロを作成された後に、もう一度F5を押すとsampleの名称のシートはすでに作成されているので、実行エラーが表示されていましたが、その後、データを転記するコードを書かれて、動作を確認されるためにF5なりF8を押されてもエラーが出ないのは何故でしょうか。当方では、コードの動作を確認するためにF5を押すたびに実行エラーが出ます。


10500 : 小川慶一の回答 (2018-08-24 13:54:01)

morimotoさん:

練習くりかえしてくださいね。
各課題は、「ほとんどストレス感じず、淡々と手を動かしている間に書けてしまう」というところまで手になじませることが大切です。

> この例は実務でたくさん見かけそうなので、練習を繰り返したいと思います。


10499 : 小川慶一の回答 (2018-08-24 13:52:24)

morimotoさん:

> ifからend ifまでぬいぐるみ、積み木、プラモデル、無しの4ブロックつくればいいやん、と当初思いつきましたが

件数が少ない間はそれでもよいかもしれませんね。
「スケーラビリティ」という言葉があります。「そのやり方で、どのくらい分量が増えても容易に対応できるか?」ということを考慮するとよいでしょう。

> ifからend ifまでぬいぐるみ、積み木、プラモデル、無しの4ブロックつくればいいやん、と当初思いつきましたが、ヒントのハナコステップで4ブロックも要らん、1ブロックでLOOPさせば絶対行ける!と決め狙いできました。特にシート名n,b,p,,,どう書こうか悩みましたが、D4~D7にあるので気付けばサクサクできました。よかったです。さらにcurrentregionにて罫線も入れました。


10490 : morimotoさんのコメント (2018-08-23 01:28:40)

この例は実務でたくさん見かけそうなので、練習を繰り返したいと思います。


10489 : morimotoさんのコメント (2018-08-23 01:27:50)

ifからend ifまでぬいぐるみ、積み木、プラモデル、無しの4ブロックつくればいいやん、と当初思いつきましたが、ヒントのハナコステップで4ブロックも要らん、1ブロックでLOOPさせば絶対行ける!と決め狙いできました。特にシート名n,b,p,,,どう書こうか悩みましたが、D4~D7にあるので気付けばサクサクできました。よかったです。さらにcurrentregionにて罫線も入れました。


8263 : 小川慶一の回答 (2017-05-29 15:30:03)

柴田 邦彦さん:

お返事、遅れました。

これは何でしょうね。。。すぐには分かりかねます。はじめて聞く話です。
どこの何のエラーなのか。。

僕なら、そういう現象が起きているとなったなら、その直後の行にブレークポイントを入れてそこで強制中断させて、そこからステップイン実行しつつ現象を確認していきます。
ということで、もしまだこの問題再現するようでしたら、まずはやってみてください。それでまた報告いただければと。

> [2]と[3]の問題について質問します。
> F8で1行ずつマクロを走らせたときに、
> Sheets("template").Copy After:=Sheets(2)
> のあとでF5を押したときのように一気に走ってしまします。
> なぜでしょうか?
> 当方だけの現象でしょうか?


8240 : 柴田 邦彦さんのコメント (2017-05-26 16:21:08)

[2]と[3]の問題について質問します。
F8で1行ずつマクロを走らせたときに、
Sheets("template").Copy After:=Sheets(2)
のあとでF5を押したときのように一気に走ってしまします。
なぜでしょうか?
当方だけの現象でしょうか?


6701 : 小川慶一の回答 (2016-06-05 09:56:49)

受講生 さん:

先に確認です。
ここまでの問題すべて、自力で解けますでしょうか?

この問題も、自力で解くべく、コードを書いてみました。
質問者さんの実力や学習状況によって回答内容は変わることがありますので、ご了承のうえご回答いただけますでしょうか。よろしくお願いいたします。

>先生
>返信ありがとうございました。 よくわかりました。
>変数宣言はループの外に書くと、おぼえていてもよさそうですね。
>もう一つの質問お願いいたします。
>9:42分くらいのところで、先生が”nだよn "と 言っているとき、 一体何が間違っていて どのように訂正したか、一瞬のことでわかりません。
>教えてください。
>宜しくお願いいたします。


6696 : 受講生さんのコメント (2016-06-03 23:38:12)

先生
返信ありがとうございました。 よくわかりました。
変数宣言はループの外に書くと、おぼえていてもよさそうですね。
もう一つの質問お願いいたします。
9:42分くらいのところで、先生が”nだよn "と 言っているとき、 一体何が間違っていて どのように訂正したか、一瞬のことでわかりません。
教えてください。
宜しくお願いいたします。


小川慶一 さん:

>受講生 さん:
>
>先に引っ越しさせておかないと、ループの中に変数宣言が置かれることになってしまいます。
>..というひとことだけで伝わりますかね。どうでしょう?
>
>>小川先生、こんにちは
>>VBAの勉強とても楽しくなってきました。 でも理解するのがむずかしいところ たくさんありますが。
>>今回は 変数を入れる場所を考えるヒントを教えてほしいです。
>>10:12のところで、シートt, p, bを作成する際、Dim moto Dim saki ともに
>>変数を宣言する場所を変えた理由をお聞きしたいのです。その確認をして、これから違うものを作成する際に ヒントにしたいと思いますので。
>>宜しくお願いいたします。 
>


6686 : 小川慶一の回答 (2016-06-01 16:54:48)

受講生 さん:

先に引っ越しさせておかないと、ループの中に変数宣言が置かれることになってしまいます。
..というひとことだけで伝わりますかね。どうでしょう?

>小川先生、こんにちは
>VBAの勉強とても楽しくなってきました。 でも理解するのがむずかしいところ たくさんありますが。
>今回は 変数を入れる場所を考えるヒントを教えてほしいです。
>10:12のところで、シートt, p, bを作成する際、Dim moto Dim saki ともに
>変数を宣言する場所を変えた理由をお聞きしたいのです。その確認をして、これから違うものを作成する際に ヒントにしたいと思いますので。
>宜しくお願いいたします。 


6682 : 受講生さんのコメント (2016-06-01 07:42:35)

小川先生、こんにちは
VBAの勉強とても楽しくなってきました。 でも理解するのがむずかしいところ たくさんありますが。
今回は 変数を入れる場所を考えるヒントを教えてほしいです。
10:12のところで、シートt, p, bを作成する際、Dim moto Dim saki ともに
変数を宣言する場所を変えた理由をお聞きしたいのです。その確認をして、これから違うものを作成する際に ヒントにしたいと思いますので。
宜しくお願いいたします。 


6351 : 小川慶一の回答 (2016-04-09 04:10:26)

受講生 さん:

正式告知に向けての動画と解説だけの仮アップでした。
資料はこのページでDLできるようにしました。すいません!


6339 : 受講生さんのコメント (2016-04-05 22:35:04)

小川様

お世話になっております。
こちらの動画の資料をダウンロードできる箇所が見つけられないのですが
どちらからダウンロードすればよろしいでしょうか。
ほかの動画ですと以下のようにダウンロードできるのですが。
****************************************************************

この動画の資料は、以下からダウンロードできます。
http://padstudy.jp/download/ksfollow/kiso-follow-ks105.zip
解答例は以下からダウンロードできます。
http://padstudy.jp/download/ksfollow/kiso-follow-ks105_fin.zip


3日がかりのその仕事、3分で終わらせる方法教えます。ガラパゴスタディーオンライン講座 ユーザー登録

本講座の動画一覧

  1. 【動画1】 住所情報を都道府県から市区町村レベルで細かく分割する
    【動画1】 住所情報を都道府県から市区町村レベルで細かく分割する 未習得
  2. 【動画2】 保険料額表から標準報酬額ごとの保険料負担額を算出する
    【動画2】 保険料額表から標準報酬額ごとの保険料負担額を算出する 未習得
  3. 【動画3】 セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その出現回数+1回だけデータ転記する
    【動画3】 セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その出現回数+1回だけデータ転記する 未習得
  4. 【動画4】 セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その区切り文字の間にある文字列を切り出す
    【動画4】 セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その区切り文字の間にある文字列を切り出す 未習得
  5. 【動画5】 セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その区切り文字の間にある文字列を反映しつつデータ転記する
    【動画5】 セル内の文字列から区切り文字を見つけ、その区切り文字の間にある文字列を反映しつつデータ転記する 未習得
  6. 【動画6】 VLookUp関数、Index関数、Match関数より便利なマクロ-該当する行が見つからない場合の処理をアレンジ
    【動画6】 VLookUp関数、Index関数、Match関数より便利なマクロ-該当する行が見つからない場合の処理をアレンジ 未習得
  7. 【動画7】 VLookUp関数、Index関数、Match関数より便利なマクロ-複数シート間、複数ファイル間でのマッチング
    【動画7】 VLookUp関数、Index関数、Match関数より便利なマクロ-複数シート間、複数ファイル間でのマッチング 未習得
  8. 【動画8】 転記先シートを生成してデータを流し込む。
    【動画8】 転記先シートを生成してデータを流し込む。 未習得
  9. 【動画9】 転記先ファイルを生成してデータを流し込む。
    【動画9】 転記先ファイルを生成してデータを流し込む。 未習得
  10. 【動画10】 条件に一致するデータだけのリストを、条件に一致しないデータを削除する方法で作成する。
    【動画10】 条件に一致するデータだけのリストを、条件に一致しないデータを削除する方法で作成する。 未習得
  11. 【動画11】 条件に一致するデータだけのリストを、条件に一致しないデータを削除する方法で同一ファイル内に連続的に作成する。
    【動画11】 条件に一致するデータだけのリストを、条件に一致しないデータを削除する方法で同一ファイル内に連続的に作成する。 未習得
  12. 【動画12】 条件に一致するデータだけのリストを、条件に一致しないデータを削除する方法で複数の別ファイルとして連続的に作成する。
    【動画12】 条件に一致するデータだけのリストを、条件に一致しないデータを削除する方法で複数の別ファイルとして連続的に作成する。 未習得
  13. 【動画13】 ファイル配布→配布先でのデータ記入→記入済データを手元資料に統合
    【動画13】 ファイル配布→配布先でのデータ記入→記入済データを手元資料に統合 未習得
  14. 【動画14】 データ記入用ファイルを配布する-その1
    【動画14】 データ記入用ファイルを配布する-その1 未習得
  15. 【動画15】 データ記入用ファイルを配布する-その2
    【動画15】 データ記入用ファイルを配布する-その2 未習得
  16. 【動画16】 各部署からファイルを回収し、記入済データを手元資料に統合その1
    【動画16】 各部署からファイルを回収し、記入済データを手元資料に統合その1 未習得
  17. 【動画17】 各部署からファイルを回収し、記入済データを手元資料に統合その2
    【動画17】 各部署からファイルを回収し、記入済データを手元資料に統合その2 未習得
  18. 【動画18】 商品ごと、年ごとの販売額合計をピボットテーブルのように出力する(その1)
    【動画18】 商品ごと、年ごとの販売額合計をピボットテーブルのように出力する(その1) 未習得
  19. 【動画19】 商品ごと、年ごとの販売額合計をピボットテーブルのように出力する(その2-1)
    【動画19】 商品ごと、年ごとの販売額合計をピボットテーブルのように出力する(その2-1) 未習得
  20. 【動画20】 商品ごと、年ごとの販売額合計をピボットテーブルのように出力する(その2-2)
    【動画20】 商品ごと、年ごとの販売額合計をピボットテーブルのように出力する(その2-2) 未習得

塾長 小川慶一

メニュー

コメント紹介

もっと見る

ページの先頭へ