補講3-連想配列によるオブジェクトへの参照設定 - 新しいキーに設定する場合

この講座は有料講座です。
講座の購入後ご覧になれます。

ログインアカウントの新規作成

解説

連想配列の任意のキーに対してオブジェクトへの参照を設定することができます。
ここでは、サンプルコードを示しつつ、具体例として、ワークシート、ワークシート内の図形、セルへの参照設定を .Add メソッドを使って行う場合の書き方について紹介します。
参照設定は、単体のオブジェクトに対してだけでなく、コレクション(複数オブジェクトの集合)に対しても行えます。

この教材についての過去の質問・感想

11650 : 小川慶一の回答 (2019-11-05 15:30:03)

受講生 さん:

これは興味深い質問ですね。
ありがとうございます (^^*

Item, Items, Keys, と、いろいろ出てきてややこしいですね。

ということで、整理のために、以下のようなサンプルコードを書きました。

Microsoft Scripting Runtimeを参照のうえ、以下のコードをステップイン実行してみてください。
そうすれば理解が進むのでは?と思います。

もちろん、実行してみて不明なことがあればまた遠慮なく質問してください (^^*

'ポイント:
'[A] dic.item(文字列) -> xxx というキーで格納された値を取得する
'[B] dic.items(数値)  -> キーと値のペアのうち、 xxx 番目のものの、値を取得する
'[C] dic.keys(数値)   -> キーと値のペアのうち、 xxx 番目のものの、キーを取得する

'[OK] 以下は正常な処理の例です。 item, items という言葉の使い分けに特に注目してください。
Sub MyDicSample1_OK()
    Dim dic As New Scripting.Dictionary
    
    dic.Add "key_a", 100
    dic.Add "key_b", 200
    dic.Add "key_c", 300
    
    '[A] 以下では、キーを使って値を取得します。
    Debug.Print vbNewLine & "Get values by key"
    Debug.Print dic.Item("key_a")
    Debug.Print dic.Item("key_b")
    Debug.Print dic.Item("key_c")
    
    '[B] 以下では、インデックスを使って値を取得します。
    Debug.Print vbNewLine & "Get values by index"
    Debug.Print dic.Items(0)
    Debug.Print dic.Items(1)
    Debug.Print dic.Items(2)
    
    '[C] 以下では、インデックスを使ってキーを取得します。
    Debug.Print vbNewLine & "Get keys by index"
    Debug.Print dic.Keys(0)
    Debug.Print dic.Keys(1)
    Debug.Print dic.Keys(2)
    
    '[B], [C] を For Next 構文で書いてみました
    Dim c As Long
    Debug.Print vbNewLine & "Get items - using for structure"
    For c = 0 To dic.Count - 1
        Debug.Print dic.Items(c)
    Next

    Debug.Print vbNewLine & "Get keys - using for structure"
    For c = 0 To dic.Count - 1
        Debug.Print dic.Keys(c)
    Next
End Sub

'[NG] 以下は実行時エラーになります。Items, Keys, Item はありですが、 Key というのはNGなので。
Sub MyDicSample2_NG()
    Dim dic As New Scripting.Dictionary
    
    dic.Add "key_a", 100
    dic.Add "key_b", 200
    dic.Add "key_c", 300
    
    '[OK] 以下では、キーを使って値を取得します。
    '[A], [B], [C]のどれか?というと、[A]の構文ですね。
    Debug.Print vbNewLine & "Get values by key"
    Debug.Print dic.Item("key_a")
    Debug.Print dic.Item("key_b")
    Debug.Print dic.Item("key_c")
    
    '[NG] 以下は、構文エラーです。Items, Keys, Item はありですが、 Key というのはNG。
    '[A], [B], [C]のどれか?というと、どれでもない。
    Debug.Print vbNewLine & "Get values by key"
    Debug.Print dic.Key("key_a")
    Debug.Print dic.Key("key_b")
    Debug.Print dic.Key("key_c")
End Sub

'[NG] 以下は論理エラーになります。
'インデックスやキーの指定で文字列型の場合、数値型の場合を混在させているので紛らわしいですが、
'発展編2講座ですので、そこはサラッと流します。
'理解できない場合はさらに質問してください。
Sub MyDicSample3_NG()
    Dim dic As New Scripting.Dictionary
    
    dic.Add "key_a", 100
    dic.Add "key_b", 200
    dic.Add "key_c", 300

    '以下は、該当するキーが存在しないので、出力結果はEmpty型になります。
    '[A], [B], [C]のどれか?というと、[A]の構文ですね。
    Debug.Print vbNewLine & "Erros - keys not exists"
    Debug.Print dic.Item("0")
    Debug.Print dic.Item("1")
    Debug.Print dic.Item("2")
    
    '以下も、該当するキーが存在しないので、出力結果はEmpty型になります。
    '[A], [B], [C]のどれか?というと、[A]の構文ですね。
    Debug.Print vbNewLine & "Erros - keys not exists"
    Debug.Print dic.Item(0)
    Debug.Print dic.Item(1)
    Debug.Print dic.Item(2)

    '以下は、該当するインデックスが存在するので、それぞれに該当する item が出力されます。
    '[A], [B], [C]のどれか?というと、[B]の構文ですね。
    Debug.Print vbNewLine & "Erros - keys not exists"
    Debug.Print dic.Items("0")
    Debug.Print dic.Items("1")
    Debug.Print dic.Items("2")
    
    '以下も、該当するインデックスが存在するので、それぞれに該当する item が出力されます。
    '[A], [B], [C]のどれか?というと、[B]の構文ですね。
    Debug.Print vbNewLine & "Erros - keys not exists"
    Debug.Print dic.Items(0)
    Debug.Print dic.Items(1)
    Debug.Print dic.Items(2)
End Sub


> モジュール2では、
> For c = 0 To dic.Count - 1
> Debug.Print dic.Keys(c), dic.Items(c) ’←★
> Next
> ★「items」と複数形でしたが
> モジュール3では、
> dic.Add "sp1", dic.Item("ws1").Shapes(2)
> dic.Item("sp1").Select ’←★★
> Debug.Print dic.Item("sp1").Width
> Debug.Print dic.Item("sp1").Height
> ★★のように「item」という単数形をとるのはどうしてですか。


11648 : 受講生さんのコメント (2019-11-05 05:40:18)

モジュール2では、
For c = 0 To dic.Count - 1
Debug.Print dic.Keys(c), dic.Items(c) ’←★
Next
★「items」と複数形でしたが
モジュール3では、
dic.Add "sp1", dic.Item("ws1").Shapes(2)
dic.Item("sp1").Select ’←★★
Debug.Print dic.Item("sp1").Width
Debug.Print dic.Item("sp1").Height
★★のように「item」という単数形をとるのはどうしてですか。


3日がかりのその仕事、3分で終わらせる方法教えます。ガラパゴスタディーオンライン講座 ユーザー登録

本講座の動画一覧

  1. 【動画1】 式と戻り値1-データ型のおさらい
    【動画1】 式と戻り値1-データ型のおさらい 未習得
  2. 【動画2】 式と戻り値2-「式」と「戻り値」
    【動画2】 式と戻り値2-「式」と「戻り値」 未習得
  3. 【動画3】 式と戻り値3-「式」と「戻り値のデータ型」
    【動画3】  式と戻り値3-「式」と「戻り値のデータ型」 未習得
  4. 【動画4】 式と戻り値4-「式」とは(その1)
    【動画4】 式と戻り値4-「式」とは(その1) 未習得
  5. 【動画5】 式と戻り値5-「式」とは(その2)
    【動画5】 式と戻り値5-「式」とは(その2) 未習得
  6. 【動画6】 式と戻り値6-戻り値を返す式、戻り値を返さない式
    【動画6】  式と戻り値6-戻り値を返す式、戻り値を返さない式 未習得
  7. 【動画7】 コレクションとインデックス
    【動画7】  コレクションとインデックス 未習得
  8. 【動画8】 配列
    【動画8】 配列 未習得
  9. 【動画9】 静的配列
    【動画9】 静的配列 未習得
  10. 【動画10】 動的配列1-動的配列の基本
    【動画10】 動的配列1-動的配列の基本 未習得
  11. 【動画11】 動的配列2-Preserveキーワード
    【動画11】 動的配列2-Preserveキーワード 未習得
  12. 【動画12】 動的配列3-演習
    【動画12】 動的配列3-演習 未習得
  13. 【動画13】 多次元配列の基本
    【動画13】 多次元配列の基本 未習得
  14. 【動画14】 多次元動的配列
    【動画14】 多次元動的配列 未習得
  15. 【動画15】 多次元配列のサイズを調べる
    【動画15】 多次元配列のサイズを調べる 未習得
  16. 【動画16】 配列操作の便利関数、オプション、その他
    【動画16】  配列操作の便利関数、オプション、その他 未習得
  17. 【動画17】 連想配列1-Dictionaryオブジェクトの仕様
    【動画17】 連想配列1-Dictionaryオブジェクトの仕様 未習得
  18. 【動画18】 連想配列2-Dictionaryオブジェクトの使用例
    【動画18】 連想配列2-Dictionaryオブジェクトの使用例 未習得
  19. 【動画19】 連想配列3-Microsoft Scripting Runtimeのへの参照設定
    【動画19】 連想配列3-Microsoft Scripting Runtimeのへの参照設定 未習得
  20. 【動画20】 「名前付き引数」と「名前なし引数」
    【動画20】 「名前付き引数」と「名前なし引数」 未習得
  21. 【動画21】 省略可能な引数とその初期値
    【動画21】 省略可能な引数とその初期値 未習得
  22. 【動画22】 引数のデータ型
    【動画22】 引数のデータ型 未習得
  23. 【動画23】 Functionプロシージャ
    【動画23】 Functionプロシージャ 未習得
  24. 【動画24】 引数がひとつまたは複数のFunctionプロシージャ
    【動画24】 引数がひとつまたは複数のFunctionプロシージャ 未習得
  25. 【動画25】 Functionプロシージャ演習中
    【動画25】 Functionプロシージャ演習中 未習得
  26. 【動画26】 引数として配列を受け取るFunctionプロシージャ
    【動画26】 引数として配列を受け取るFunctionプロシージャ 未習得
  27. 【動画27】 引数を受け取らないSubプロシージャと引数つきSubプロシージャ
    【動画27】 引数を受け取らないSubプロシージャと引数つきSubプロシージャ 未習得
  28. 【動画28】 Subプロシージャの基本構造
    【動画28】 Subプロシージャの基本構造 未習得
  29. 【動画29】 モジュールレベル変数との使い分け
    【動画29】 モジュールレベル変数との使い分け 未習得
  30. 【動画30】 補講1-ディクショナリーオブジェクトのさらなる活用
    【動画30】 補講1-ディクショナリーオブジェクトのさらなる活用 未習得
  31. 【動画31】 補講2-ディクショナリーオブジェクトの .Count プロパティ
    【動画31】 補講2-ディクショナリーオブジェクトの .Count プロパティ 未習得
  32. 【動画32】 補講3-連想配列によるオブジェクトへの参照設定 - 新しいキーに設定する場合
    【動画32】 補講3-連想配列によるオブジェクトへの参照設定 - 新しいキーに設定する場合 未習得
  33. 【動画33】 補講4-連想配列によるオブジェクトへの参照設定 - 既存の値を上書きする場合
    【動画33】 補講4-連想配列によるオブジェクトへの参照設定 - 既存の値を上書きする場合 未習得
  34. 【動画34】 補講5-複数セルの集合を作るための便利なメソッド2つ
    【動画34】 補講5-複数セルの集合を作るための便利なメソッド2つ 未習得
  35. 【動画35】 補講6-連想配列演習-取引先ごとに取引金額の合計を算出する
    【動画35】 補講6-連想配列演習-取引先ごとに取引金額の合計を算出する 未習得
  36. 【動画36】 補講7-ウォッチ式の活用
    【動画36】 補講7-ウォッチ式の活用 未習得
  37. 【動画37】 補講8-ウォッチ式で配列の状態を確認する
    【動画37】 補講8-ウォッチ式で配列の状態を確認する 未習得
  38. 【動画38】 補講9-たった1行のコードでセルのデータを配列に投入する
    【動画38】 補講9-たった1行のコードでセルのデータを配列に投入する 未習得

塾長 小川慶一

メニュー

コメント紹介

もっと見る

ページの先頭へ