発展1講座イントロダクション - 使用するファイル、PDFの確認

この講座は有料講座です。
講座の購入後ご覧になれます。

ログインアカウントの新規作成

解説

講座で使用するPDFとデータの確認です。

この教材についての過去の質問・感想

11565 : 小川慶一の回答 (2019-08-26 08:37:02)

あおちゃんさん:

そう言っていただければうれしいです。
ひきつづきよろしくお願いいたします☆


> 小川先生の説明は本当にわかりやすいです。ありがとうございます????


11562 : あおちゃんさんのコメント (2019-08-23 18:49:39)

小川先生の説明は本当にわかりやすいです。ありがとうございます????


11295 : 小川慶一の回答 (2019-03-25 08:43:17)

井上 聡さん:

> 配列はほとんど忘れていました。ADOを勉強する中で復習しようと思いテキストを読みました。

以前に送付いただいたエクセルファイルに入っていたコードを再利用して2つのサンプルコードを用意しました。
お送りいただいたコード内にあった2つのfor next構文のうち前者を展開したものです。

sample1, sample2、いずれも、"Jun"と6回出力されるだけです。

ということで「配列だから挙動が違う」とか「モジュールレベル変数だから挙動が違う」とか、いう問題ではありません。

Option Explicit
Private cnt As Long
Sub Sample1()
    Dim cnt As Long
    Dim st As String
    
    Dim moji0 As String
    Dim moji1 As String
    Dim moji2 As String
    Dim moji3 As String
    Dim moji4 As String
    Dim moji5 As String
    
    moji0 = "jan"
    moji1 = "Feb"
    moji2 = "Mar"
    moji3 = "Apr"
    moji4 = "May"
    moji5 = "Jun"
    
    st = moji0
    st = moji1
    st = moji2
    st = moji3
    st = moji4
    st = moji5
    
    For cnt = 0 To 5
        Debug.Print st
    Next
End Sub
Sub Sample2()
    Dim cnt As Long
    Dim st As String
    
    Dim stAry(5) As String
    stAry(0) = "jan"
    stAry(1) = "Feb"
    stAry(2) = "Mar"
    stAry(3) = "Apr"
    stAry(4) = "May"
    stAry(5) = "Jun"
    
    st = stAry(0)
    st = stAry(1)
    st = stAry(2)
    st = stAry(3)
    st = stAry(4)
    st = stAry(5)
    
    For cnt = 0 To 5
        Debug.Print st
    Next
End Sub


このくらいに(発展編受講生にとっては)自明なことがコードを見た瞬間に一発で分からなければ発展編2の内容なんて理解できるわけないですよ。

問題は、あなたに基礎編レベルの技術についての理解も検証能力も論理的思考力もないことです。

ですから、前述のとおり、基礎編の演習を徹底的にくり返されることをおすすめします。
さらに、レジュメは印刷して声に出して何度も読み上げてください。講座本編の動画も最低2回は観なおすことを強く推奨します。

基礎編演習をどのくらいのスピードで解決できる力が必要か?
特別に、制限時間を示します。以下の時間でできるようにならないと話にならないと思って何度も練習してください。

出現回数を数える。CountIf関数がやっていることをマクロで書くと?
https://online.pc5bai.com/movie/index/27/150
制限時間6分

条件に一致するデータを別表に転記する。AutoFilterより便利な条件抽出マクロ。
https://online.pc5bai.com/movie/index/27/144
制限時間7分

条件に一致するデータを別シートに転記する
https://online.pc5bai.com/movie/index/27/145
制限時間9分

とびとびに存在するデータを拾って加工する
https://online.pc5bai.com/movie/index/27/146
制限時間7分

勘定項目ごとに合計額を算出する。SumIf関数がやっていることをマクロで書くと?
https://online.pc5bai.com/movie/index/27/151
制限時間8分

各資料ごとに1番からの番号を割り振る。AutoFill機能より便利なマクロ
https://online.pc5bai.com/movie/index/27/156
制限時間8分

複数の記号に挟まれた文字列を取り出す
https://online.pc5bai.com/movie/index/27/155
制限時間12分


> 小川様何度もお手数おかけして申し訳ありません。
> 配列はほとんど忘れていました。ADOを勉強する中で復習しようと思いテキストを読みました。
> 発展テキスト2P24
>
 For cnt = 0 To 5
>         st = stAry(cnt)
>        Debug.Print st
>     
>     Next
>     For cnt = 0 To 5
> '        st = stAry(cnt)(A)
>         Debug.Print st
>     Next

>
> 配列の要素に入っている値を調べる例を紹介するとあります。
>
> しかし、(A)がないとjunのみ出力されます。配列が保持されないならば、For cnt=0 to 5は必要ないのではないかという疑問がうまれ保持するにはどうしたらよいのかいうことから何度も質問して申し訳ありませんでした。変数はモジュールレベル変数で宣言しても、一次静的配列は構文内しか保持されないという結論でよろしいでしょうか。結論がないと次に進めませんのでよろしくお願いします。


11294 : 田中 宏明さんのコメント (2019-03-22 23:04:37)

井上 聡さん:

こんにちは。
Subプロシージャ内の変数(配列も変数の一種)は、プロシージャ終了まで保持されていますよ。
例えば、下記のようなことをして確かめてみてください。

 
 stAry(0)=1
 stAry(1)=2
’   …途中の処理…
 Debug.Print stAry(0) 
 Debug.Print stAry(1)


11293 : 小川慶一の回答 (2019-03-22 22:01:06)

井上 聡さん:

まず、インデントの揃ったコード書きましょう。
それから、引用部分だけでも動作可能なコードを送ること。

雑です。やりなおしてください。

こんなことくりかえしていても、絶対に上達しませんよ。

何度くりかえし言っても改善しないなら、今後、基礎編レベルの課題がふさわしい受講生に対しての当然の対処として、基礎編以外の内容についての回答は拒否します。



> 小川様何度もお手数おかけして申し訳ありません。
> 配列はほとんど忘れていました。ADOを勉強する中で復習しようと思いテキストを読みました。
> 発展テキスト2P24
>

 For cnt = 0 To 5
>         st = stAry(cnt)
>        Debug.Print st
>     
>     Next
>     For cnt = 0 To 5
> '        st = stAry(cnt)(A)
>         Debug.Print st
>     Next

>
> 配列の要素に入っている値を調べる例を紹介するとあります。
>
> しかし、(A)がないとjunのみ出力されます。配列が保持されないならば、For cnt=0 to 5は必要ないのではないかという疑問がうまれ保持するにはどうしたらよいのかいうことから何度も質問して申し訳ありませんでした。変数はモジュールレベル変数で宣言しても、一次静的配列は構文内しか保持されないという結論でよろしいでしょうか。結論がないと次に進めませんのでよろしくお願いします。
>


11292 : 井上 聡さんのコメント (2019-03-22 18:41:46)

小川様何度もお手数おかけして申し訳ありません。
配列はほとんど忘れていました。ADOを勉強する中で復習しようと思いテキストを読みました。
発展テキスト2P24

 For cnt = 0 To 5
        st = stAry(cnt)
       Debug.Print st
    
    Next
    For cnt = 0 To 5
'        st = stAry(cnt)(A)
        Debug.Print st
    Next


配列の要素に入っている値を調べる例を紹介するとあります。

しかし、(A)がないとjunのみ出力されます。配列が保持されないならば、For cnt=0 to 5は必要ないのではないかという疑問がうまれ保持するにはどうしたらよいのかいうことから何度も質問して申し訳ありませんでした。変数はモジュールレベル変数で宣言しても、一次静的配列は構文内しか保持されないという結論でよろしいでしょうか。結論がないと次に進めませんのでよろしくお願いします。


11290 : 小川慶一の回答 (2019-03-22 09:44:19)

以下のコード、拝見しました。
コメントを[*1], [*2], [*3]と付加しています。

[*1] が6回くり返されます。
実行する都度、
"jan"
"Feb"
"Mar"
"Apr"
"May"
"Jun"
と値が書き換わり、[*2]に来た段階では、stには"Jun"が入っている状態です。

その状態で、[*3]が6回くりかえされます。
Debug.Print st を何回くりかえしても、出力される値は"Jun"です。なぜなら、前述のとおり[*2]の段階で、stには"Jun"が入っている状態なのですから。

ということで:
[a]
上記[*1], [*2], [*3]にすぐに気づけないのは、前提となる基礎知識と実装能力、テスト遂行能力が著しく不足しているからです。
発展編2の内容云々の問題ではありませんので、基礎編の演習からやりなおしてください。

[b]
(質問1): 「構文」という言葉がどこからどこまでを指しているのかが分かりませんので回答不能です。
自分のこの質問が馬鹿げているということに気づけるレベルまで、基礎編、発展編1の演習をくりかえしてください。

[c]
(質問2): (質問1)であなたが立てた仮説に基づいた質問です。(質問1)が回答不能なため、連動して回答不能です。

[d]
(質問3): (質問2)であなたが立てた仮説に基づいた質問です。(質問2)が回答不能なため、連動して回答不能です。

Option Explicit
Private st As String '(B)
Private cnt As Long
Sub GetZangyoList_Array3()
'    Dim st As String’(A)
'    Dim cnt As Long
'    Dim st As String
'    Dim cnt As Long
    
    Worksheets("残業2").Activate
    Dim stAry(5) As String
    stAry(0) = "jan"
    stAry(1) = "Feb"
    stAry(2) = "Mar"
    stAry(3) = "Apr"
    stAry(4) = "May"
    stAry(5) = "Jun"
    
    For cnt = 0 To 5
        st = stAry(cnt) '[*1]
       ' Debug.Print st'(C)
    
    Next
    '[*2]
    
    For cnt = 0 To 5
'        st = stAry(cnt)(E)
        Debug.Print st '[*3]
    Next
    'For cnt = LBound(stAry) To UBound(stAry)'(D)
'        st = stAry(cnt)
'        Debug.Print st
'    Next


End Sub
'(A)ローカル変数場合、stの値はJunのままになります。
'(B)モジュールレベル変数の場合でもstの値はJunのままになります。
'(C)(D)の場合、For Nex構文内ではstの配列の値は6種類表示されます。
'(E)の場合はstの配列の値は6種類表示されます。
'(質問1)
'配列のある要素の値は変数の範囲にかかわらず、構文内でしか保持されないのでしょうか。
'(質問2)
'従ってテキストP23,P24のプログラム内のFor Next構文内のstの値はJunのみでいいのでしょうか。
'(質問3)
'ならばテキストの文脈から考えて要素の値を調べる為のFor Next構文の意味がないのではないでしょうか。
'以上です。


11289 : 小川慶一の回答 (2019-03-22 09:30:57)

井上 聡さん:

> 毎度申し訳ありません。朝が勉強時間なものでついチェックもれです。

くりかえしの失敗の理由としては弱いです。
であれば、たとえば、朝に質問をドラフトしても、すぐに投稿せず、半日~ひと晩置いて、改めて読み直してみることですね。

> 発展2のテキストの巻末に問題があります。質問してもよいのでしょうか。よいのであればその際はよろしくお願いします。

発展2の演習については、アンケート回答者限定で解答解説動画をさしあげています。
事務局からアンケートのURLを送付させますね。

添付ファイルは追って拝見します。


11288 : 井上 聡さんのコメント (2019-03-22 06:01:45)

毎度申し訳ありません。朝が勉強時間なものでついチェックもれです。
講座がガラパゴススタディーにあればよいのですが、別の通信講座で、AccessVBAのADOを勉強中です。配列が出てきて復習しています。
発展2のテキストの巻末に問題があります。質問してもよいのでしょうか。よいのであればその際はよろしくお願いします。


11285 : 小川慶一の回答 (2019-03-20 21:56:04)

井上 聡さん:

コード、拝見しました。
以下のものですね。

Option Explicit
Private st As String '(B)
Private cnt As Long
Sub GetZangyoList_Array3()
'    Dim st As String’(A)
'    Dim cnt As Long
    Worksheets("残業2").Activate
    Dim stAry(5) As String
    stAry(0) = "jan"
    stAry(1) = "Feb"
    stAry(2) = "Mar"
    stAry(3) = "Apr"
    stAry(4) = "May"
    stAry(5) = "Jun"
    
    For cnt = 0 To 5
        st = stAry(cnt)
       ' Debug.Print st'(C)
    
    Next
    For cnt = 0 To 5
        Debug.Print st
    Next
    'For cnt = LBound(stAry) To UBound(stAry)'(D)
'        st = stAry(cnt)
'        Debug.Print st
'    Next


End Sub
'(A)ローカル変数場合、stの値はJunのままになります。
'(B)モジュールレベル変数の場合でもstの値はJunのままになります。
'(C)(D)の場合、For Nex構文内ではstの配列の値は6種類表示されます。
'(質問)
'配列はを代入した値は変数の範囲にかかわらず、構文内でしか保持されないのかということです。


コメント11266にあったコードとは違いますね。
コメント11266にあったコードのことは忘れて、今回いただいたコードだけを使って、コード下部にあった以下のご質問について回答しますね。

>(質問)
>配列はを代入した値は変数の範囲にかかわらず、構文内でしか保持されないのかということです。

...とできれば言いたいところなのですが、

「配列はを代入した値は」というのが「配列は」なのか「配列を」なのか分からないので、以前として回答不能です。
質問文を再整理してまた投稿してください。

また、以前からお伝えしていることですが、こういう推敲不足な質問文は極力送付されないようお願いします。
回答者にとって非常に負担です。そのことは、回答者にとっても、あなたにとっても、デメリットです。

回答者にとっては、前述のとおり、非常に負担です。
いちいちこういうことを書かなければならないからです。

あなたにとっても、何度もやりとりするコストが発生しますし、いちいちこんなこと言われたくないでしょう。

よろしくご協力ください。

> ファイルに内容を入力しました。
> よろしくお願いします。


11282 : 井上 聡さんのコメント (2019-03-20 07:13:03)

ファイルに内容を入力しました。
よろしくお願いします。


11275 : 小川慶一の回答 (2019-03-19 07:26:11)

受講生 さん:

おひさしぶりです。

> 配列はFor Next構文内のみ有効で構文外は配列はたとえモジュール変数にしても数値は保持されないと考えてよいのでしょうか。
> 尚、この場合はLBound 関数UBound関数を使用する必要があると考えてよいのでしょうか。

質問の趣旨がわかりません。
「配列はFor Next構文内のみ有効で」からです。よって、後続するすべての文章が解釈しようがありません。なので、回答不能です。

ご自身でサンプルコードを書き、試したうえで、再度ご質問ください。
その際は、動作検証に使ったマクロをそれを含むエクセルファイルごと添付してください。

よろしくお願いします。



> 発展2の配列についての質問です。DVDにて講座購入済みです。
Sub GetZangyoList_Array()
Dim st As String
Dim cnt As Long
Worksheets("残業3").Activate
Dim stAry(5) As String
stAry(0) = "jan"
stAry(1) = "Feb"
stAry(2) = "Mar"
stAry(3) = "Apr"
stAry(4) = "May"
stAry(5) = "Jun"

For cnt = 0 To 5
st = stAry(cnt)
Next
For cnt = 0 To 5
Debug.Print st
Next
End Sub

> 発展2 テキスト24P
> この場合stにはjunのままでPrintされます。
> 配列はFor Next構文内のみ有効で構文外は配列はたとえモジュール変数にしても数値は保持されないと考えてよいのでしょうか。
> 尚、この場合はLBound 関数UBound関数を使用する必要があると考えてよいのでしょうか。
>


11266 : 受講生さんのコメント (2019-03-17 09:26:58)

発展2の配列についての質問です。DVDにて講座購入済みです。
Sub GetZangyoList_Array()
Dim st As String
Dim cnt As Long
Worksheets("残業3").Activate
Dim stAry(5) As String
stAry(0) = "jan"
stAry(1) = "Feb"
stAry(2) = "Mar"
stAry(3) = "Apr"
stAry(4) = "May"
stAry(5) = "Jun"

For cnt = 0 To 5
st = stAry(cnt)
Next
For cnt = 0 To 5
Debug.Print st
Next
End Sub

発展2 テキスト24P
この場合stにはjunのままでPrintされます。配列はFor Next構文内のみ有効で構文外は配列はたとえモジュール変数にしても数値は保持されないと考えてよいのでしょうか。尚、この場合はLBound 関数UBound関数を使用する必要があると考えてよいのでしょうか。


10983 : 小川慶一の回答 (2019-01-21 09:21:40)

morimotoさん:

レジュメは印刷して手元に置いておくと良いです。
ひとりで食事するときとか、通勤時間とかにこまめに見直します。すごく力がつきますよ。


> 基礎編のフォローアップも2回復習し
> 今日から発展編1に入ります。
> どんな道具が出てくるのか楽しみです。
> レジメをざっと見ましたが非常に丁寧わかりやすい
> 内容でますます楽しみです。


10980 : morimotoさんのコメント (2019-01-20 21:38:39)

基礎編のフォローアップも2回復習し
今日から発展編1に入ります。
どんな道具が出てくるのか楽しみです。
レジメをざっと見ましたが非常に丁寧わかりやすい
内容でますます楽しみです。


10319 : 小川慶一の回答 (2018-08-05 10:26:41)

のんのんさん:

必要が出たら案内します。

講座を終えても案内がないままのものもあるかもしれません。
それらについては、中身を見て遊んでください。
ですが、講座本編で取り扱わなかったものについては基本的に無視していただいて結構です。

PDFの方では講座第6章として便利関数集を用意していますで、そちらは必ず見ておいてください。


> こんにちは。
> seminar_data_hattenフォルダの下に、以下の6つのフォルダがあります。
> 1) Enshu
> 2) HattenData
> 3) Mihon
> 4) Normal
> 5) Template
> 6) Tuika
>
> HattenDataの下には、こちらの動画セミナーで使用するファイルがあることは分かるのですが、他のフォルダのファイルはどのように利用したらよいですか?
> よろしくお願いいたします☆


10311 : のんのんさんのコメント (2018-08-04 22:43:44)

こんにちは。
seminar_data_hattenフォルダの下に、以下の6つのフォルダがあります。
1) Enshu
2) HattenData
3) Mihon
4) Normal
5) Template
6) Tuika

HattenDataの下には、こちらの動画セミナーで使用するファイルがあることは分かるのですが、他のフォルダのファイルはどのように利用したらよいですか?
よろしくお願いいたします☆


2429 : 竹山廣海さんのコメント (2014-09-09 20:43:55)

発展編pdfがid pwdを入力しても閲覧できないのですが・・・どのように操作すればよいでしょうか。


3日がかりのその仕事、3分で終わらせる方法教えます。ガラパゴスタディーオンライン講座 ユーザー登録

本講座の動画一覧

  1. 【動画1】 発展1講座イントロダクション - 使用するファイル、PDFの確認
    【動画1】 発展1講座イントロダクション - 使用するファイル、PDFの確認 未習得
  2. 【動画2】 発展1講座イントロダクション - デバッグ イミディエイトウィンド
    【動画2】 発展1講座イントロダクション - デバッグ イミディエイトウィンド 未習得
  3. 【動画3】 発展1講座第1章 - オープニング 第1章1
    【動画3】 発展1講座第1章 - オープニング 第1章1 未習得
  4. 【動画4】 発展1講座第1章 - オープニング 第1章2
    【動画4】 発展1講座第1章 - オープニング 第1章2 未習得
  5. 【動画5】 発展1講座第1章 - データの「型」1
    【動画5】 発展1講座第1章 - データの「型」1 未習得
  6. 【動画6】 発展1講座第1章 - データの「型」2
    【動画6】 発展1講座第1章 - データの「型」2 未習得
  7. 【動画7】 発展1講座第1章 - 変数の初期値
    【動画7】 発展1講座第1章 - 変数の初期値 未習得
  8. 【動画8】 発展1講座第1章 - ハンガリアン記法
    【動画8】 発展1講座第1章 - ハンガリアン記法 未習得
  9. 【動画9】 発展1講座第1章 - 変数宣言の強制1
    【動画9】 発展1講座第1章 - 変数宣言の強制1 未習得
  10. 【動画10】 発展1講座第1章 - 変数宣言の強制2
    【動画10】 発展1講座第1章 - 変数宣言の強制2 未習得
  11. 【動画11】 発展1講座第1章 - 総称オブジェクト型
    【動画11】 発展1講座第1章 - 総称オブジェクト型 未習得
  12. 【動画12】 発展1講座第1章 - 固有オブジェクト型
    【動画12】 発展1講座第1章 - 固有オブジェクト型 未習得
  13. 【動画13】 発展1講座第1章 - バリアント型
    【動画13】 発展1講座第1章 - バリアント型 未習得
  14. 【動画14】 発展1講座第2章 - オープニング 第2章
    【動画14】 発展1講座第2章 - オープニング 第2章 未習得
  15. 【動画15】 発展1講座第2章 - コレクション
    【動画15】 発展1講座第2章 - コレクション 未習得
  16. 【動画16】 発展1講座第2章 - コレクション(インデックス)
    【動画16】 発展1講座第2章 - コレクション(インデックス) 未習得
  17. 【動画17】 発展1講座第2章 - コレクション(インデックス)の具体例
    【動画17】 発展1講座第2章 - コレクション(インデックス)の具体例 未習得
  18. 【動画18】 発展1講座第2章 - プロパティ 従属要素のオブジェクト
    【動画18】 発展1講座第2章 - プロパティ 従属要素のオブジェクト 未習得
  19. 【動画19】 発展1講座第2章 - プロパティ 上位のオブジェクト
    【動画19】 発展1講座第2章 - プロパティ 上位のオブジェクト 未習得
  20. 【動画20】 発展1講座第2章 - プロパティ 同レベルのオブジェクト
    【動画20】 発展1講座第2章 - プロパティ 同レベルのオブジェクト 未習得
  21. 【動画21】 発展1講座第2章 - プロパティ 値として表現できるデータ
    【動画21】 発展1講座第2章 - プロパティ 値として表現できるデータ 未習得
  22. 【動画22】 発展1講座第2章 - プロパティ Offset
    【動画22】 発展1講座第2章 - プロパティ Offset 未習得
  23. 【動画23】 発展1講座第2章 - プロパティ Offsetの使い方
    【動画23】 発展1講座第2章 - プロパティ Offsetの使い方 未習得
  24. 【動画24】 発展1講座第2章 - End プロパティの使い方
    【動画24】 発展1講座第2章 - End プロパティの使い方 未習得
  25. 【動画25】 発展1講座第2章 - メソッド1
    【動画25】 発展1講座第2章 - メソッド1 未習得
  26. 【動画26】 発展1講座第2章 - メソッド2
    【動画26】 発展1講座第2章 - メソッド2 未習得
  27. 【動画27】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 イントロダクション
    【動画27】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 イントロダクション 未習得
  28. 【動画28】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 オートフィルタ1
    【動画28】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 オートフィルタ1 未習得
  29. 【動画29】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 オートフィルタ2
    【動画29】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 オートフィルタ2 未習得
  30. 【動画30】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 フォントの設定
    【動画30】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 フォントの設定 未習得
  31. 【動画31】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 カラーインデックス
    【動画31】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 カラーインデックス 未習得
  32. 【動画32】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 アンダースコア
    【動画32】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 アンダースコア 未習得
  33. 【動画33】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 途中改行1 入力支援機能
    【動画33】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 途中改行1 入力支援機能 未習得
  34. 【動画34】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 途中改行2
    【動画34】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 途中改行2 未習得
  35. 【動画35】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 並べ替え
    【動画35】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 並べ替え 未習得
  36. 【動画36】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 個人用マクロブック
    【動画36】 発展1講座第3章 - マクロの自動記録 個人用マクロブック 未習得
  37. 【動画37】 発展1講座第4章 - 論理演算子 イントロダクション
    【動画37】 発展1講座第4章 - 論理演算子 イントロダクション 未習得
  38. 【動画38】 発展1講座第4章 - 論理演算子 解説
    【動画38】 発展1講座第4章 - 論理演算子 解説 未習得
  39. 【動画39】 発展1講座第4章 - 構造文 イントロダクション
    【動画39】 発展1講座第4章 - 構造文 イントロダクション 未習得
  40. 【動画40】 発展1講座第4章 - For Each構文 イントロダクション1
    【動画40】 発展1講座第4章 - For Each構文 イントロダクション1 未習得
  41. 【動画41】 発展1講座第4章 - For Each構文 イントロダクション2
    【動画41】 発展1講座第4章 - For Each構文 イントロダクション2 未習得
  42. 【動画42】 発展1講座第4章 - For Each構文 イントロダクション3
    【動画42】 発展1講座第4章 - For Each構文 イントロダクション3 未習得
  43. 【動画43】 発展1講座第4章 - For Each構文 演習
    【動画43】 発展1講座第4章 - For Each構文 演習 未習得
  44. 【動画44】 発展1講座第4章 - For Each構文 伝票作成マクロ解説
    【動画44】 発展1講座第4章 - For Each構文 伝票作成マクロ解説 未習得
  45. 【動画45】 発展1講座第4章 - For Each構文 セルのコレクション
    【動画45】 発展1講座第4章 - For Each構文 セルのコレクション 未習得
  46. 【動画46】 発展1講座第4章 - For Each構文 カンニングペーパー
    【動画46】 発展1講座第4章 - For Each構文 カンニングペーパー 未習得
  47. 【動画47】 発展1講座第4章 - Do Loop構文 概要
    【動画47】 発展1講座第4章 - Do Loop構文 概要 未習得
  48. 【動画48】 発展1講座第4章 - Do Loop構文 マクロの流れ
    【動画48】 発展1講座第4章 - Do Loop構文 マクロの流れ 未習得
  49. 【動画49】 発展1講座第4章 - Do Loop構文 4つのパターン
    【動画49】 発展1講座第4章 - Do Loop構文 4つのパターン 未習得
  50. 【動画50】 発展1講座第4章 - Do Loop構文 マクロの強制終了
    【動画50】 発展1講座第4章 - Do Loop構文 マクロの強制終了 未習得
  51. 【動画51】 発展1講座第4章 - Exit For、Exit Do、Exit Sub
    【動画51】 発展1講座第4章 - Exit For、Exit Do、Exit Sub 未習得
  52. 【動画52】 発展1講座第4章 - Select Case 概要
    【動画52】 発展1講座第4章 - Select Case 概要 未習得
  53. 【動画53】 発展1講座第4章 - Select Case If文との比較
    【動画53】 発展1講座第4章 - Select Case If文との比較 未習得
  54. 【動画54】 発展1講座第4章 - Select Case 比較する条件の順番
    【動画54】 発展1講座第4章 - Select Case 比較する条件の順番 未習得
  55. 【動画55】 発展1講座第4章 - Select Case 複数条件の並べ方
    【動画55】 発展1講座第4章 - Select Case 複数条件の並べ方 未習得
  56. 【動画56】 発展1講座第4章 - Select Case 条件の範囲選択
    【動画56】 発展1講座第4章 - Select Case 条件の範囲選択 未習得
  57. 【動画57】 発展1講座第5章 - Sub プロシージャの分割と呼び出し
    【動画57】 発展1講座第5章 - Sub プロシージャの分割と呼び出し 未習得
  58. 【動画58】 発展1講座第5章 - Sub プロシージャを分割するメリット
    【動画58】 発展1講座第5章 - Sub プロシージャを分割するメリット 未習得
  59. 【動画59】 発展1講座第5章 - ステップアウト、ステップオーバー
    【動画59】 発展1講座第5章 - ステップアウト、ステップオーバー 未習得
  60. 【動画60】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数
    【動画60】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数 未習得
  61. 【動画61】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数の操作
    【動画61】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数の操作 未習得
  62. 【動画62】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数 変数の重複
    【動画62】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数 変数の重複 未習得
  63. 【動画63】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数 まとめ
    【動画63】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数 まとめ 未習得
  64. 【動画64】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数 アクセシビリティ設定
    【動画64】 発展1講座第5章 - モジュールレベル変数 アクセシビリティ設定 未習得

塾長 小川慶一

メニュー

コメント紹介

もっと見る

ページの先頭へ