エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.03

この講座は有料講座です。
講座の購入後ご覧になれます。

ログインアカウントの新規作成

解説

●演習問題テーマ
:セルの.Value以外のプロパティを操作する方法を学ぶ。For Each構文を利用して複数セルに対する連続処理をする発想に慣れる。
前回と同様、For Each構文の演習です。Range型の変数を作り、指定した範囲のセルをひとつひとつ調べて処理するマクロを書いていきます。何度も言いますが、「ハナコのステップ」を徹底してください。

この教材についての過去の質問・感想

12438 : 小川慶一の回答 (2020-09-21 08:28:13)

たかちゃんさん:

おはようございます。

> for each構文、自分で何も見ないで書くと意外と変なミスをしてしまいます。
> 説明を受けると何でこんなミスをしてしまったんだろう?!という感じですが。。(><)↓こんな感じです。
> Set rg = Range("E4:E13").Value
> For Each rg In Range
> その度に発展編の該当動画に戻って見たりしています。

ひとつひとつの言葉の意味、機能を理解できていれば、あとは「慣れ」です。
誰でも通る道ですので、そこはお気になさらず (^^

> 今はこんな感じで苦戦していますが、
> 発展編の動画は本当に分かりやすくて感動しました。

なによりです。
ひきつづき、よい学びを☆


12435 : たかちゃんさんのコメント (2020-09-20 05:42:25)

for each構文、自分で何も見ないで書くと意外と変なミスをしてしまいます。
説明を受けると何でこんなミスをしてしまったんだろう?!という感じですが。。(><)↓こんな感じです。
Set rg = Range("E4:E13").Value
For Each rg In Range
その度に発展編の該当動画に戻って見たりしています。
今はこんな感じで苦戦していますが、
発展編の動画は本当に分かりやすくて感動しました。


12142 : 福島さんのコメント (2020-05-27 10:56:49)

小川先生
 ありがとうございます。
 承知いたしました。
 「発展編1」テキストで関連する項目を確認していきます。


12141 : 小川慶一の回答 (2020-05-27 09:43:57)

福島さん:

おはようございます。

以前の「中級編」という講座で扱っていた内容なので、一部の受講生の方向けに「中級編」という表現をしました。

この「中級編」という言葉は、「発展編1」と読み替えていただければと思います。

よろしくお願いいたします。


12138 : 福島さんのコメント (2020-05-27 01:25:36)

小川先生
いつも大変お世話になっております。
みなさまとはレベルが違う質問で失礼いたします。

 ◆【 テキスト中級編 】が、
どの講座の どのテキストか? を教えて下さい。

  ( 解答例メールに【 テキスト中級編第5章 参照】の記載があります )

・導入編、基礎編、発展編1をざっと見て、
   自動記録を使い、業務用のツール作成を試行錯誤してます。
 ・ファイルの操作について知りたく、
  このセミナーに取りかかろうとしてます。

 ・必要な項目を、立ち戻って深掘りしたく
  【中級編】がどの講座にあたるのかを教えてください。

以上、宜しくお願いいたします。


5701 : 小川慶一の回答 (2016-02-05 08:51:24)

tomoki1105 さん:

ご自身で試されたのですね。なかなかいい感じですね (^^

Application.ActiveProtectedViewWindow.Editのところは、「保護されたビュー」の状態を変更している操作です。
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/office/ff838457.aspx

「保護されたビュー」と言われても何のことだか分からないようでしたら、以下の講座をご覧ください。
https://online.pc5bai.com/movie/index/36/457


5698 : tomoki1105さんのコメント (2016-02-05 04:56:43)

小川さん

いつもお世話になっております。

Excel 2010にて自動記録でファイルを開く動作をすると下記のようなマクロが記録されました。

ChDir "C:\Users\tomo\Downloads\mini03"
Application.ActiveProtectedViewWindow.Edit
Windows("mini03.xls").Activate

動画で解説されているマクロと形式が違うのはExcelのバージョンの違いであるからといった理解で間違いないでしょうか?


5461 : 小川慶一の回答 (2015-12-15 22:41:57)

唐沢俊孝 さん:

過去の投稿見直ししていてふと気になったのでコメント追記しています。

回答当時僕も見誤っていたかもしれません。
以下、 wb だとオブジェクトそのものを指すので、以下、最後、 wb でなく、 wb.Name では?

Workbooks.Open Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & wb



>小川慶一 さん:
>
>>debug.print thisworkbook.path
>>それで出力されたフォルダ名が、 Book2.xls のあるところと一致しているか?をチェック。
>
>⇒ イミディエイトウィンドウ出力されたパスは、保存されているBook2.xlsのパス(プロパティの場所に書かれているパス)と
>  全く同じでした。
>
>パス出力は以下のようにしてイミディエイトウィンドウに出力して確認しました。
>Sub taisou3_1()
> Dim wb As Workbook
> Debug.Print ThisWorkbook.Path  ’イミディエイトウィンドウにパスが出力されました。
> Set wb = Workbooks("Book2.xls") ’ここに来るとやはり下記のようなウィンドウが出て先へ進まず、実行されませんでした。
> Workbooks.Open Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & wb
>End Sub
>
>エラー内容は以下の通りでした。
> 実行時エラー ’9’:
> インデックスが有効範囲にありません
> ヘルプで確認しましたが、該当していないような気がします。
>
> 小川先生のPCでは、このコードで実行できますでしょうか。
>
>手動でBook2.xlsを開いた後、以下の閉じるコードの方は、問題なく閉じました。
> Sub taisou3_3_1()
>
> Dim wb As Workbook
> Set wb = Workbooks("Book2.xls")
> wb.Close
>
>End Sub
>
>
>
>
>
>>唐沢俊孝 さん:
>>
>>次やって再現したら、 thisworkbook.path を出力してみてください。
>>debug.print thisworkbook.path
>>それで出力されたフォルダ名が、 book2.xls のあるところと一致しているか?をチェック。
>>
>>
>>>小川慶一 さん:
>>>
>>>エクセルファイル Book2.xls は同じフォルダに保存しされています。正解のマクロでは問題なく動き、Book2.xls は開きます。拡張子も合っています。また、マクロ実行前には、Book2.xlsは開いていません。閉じた状態からマクロ実行しています。
>>>
>>>
>>>>唐沢俊孝 さん:
>>>>
>>>>「Book2.xls」というエクセルファイルはすでに開かれていますか?
>>>>拡張子が違うとか、ファイル名が違うとか。
>>>>そもそも、新しいファイルはまだいっさい開いてないとか。。
>>>>
>>>>
>>>>>小川先生
>>>>>
>>>>>先日質問しました頭の体操3ですが、動画の説明はよく分かりました。
>>>>>その内容で消化したいのですが、1点どうしても知りたいところがありましたので、
>>>>>アドバイスお願いいたします。
>>>>>
>>>>>頭の体操3は、”固有オブジェクトの変数”を学んだ直後にトライしていましたので、
>>>>>それを利用してできないか考えてコードを書きましたが、エラーになりました。
>>>>>保存されたエクセルブックにニックネームをつけて開く操作ができると思っていましたが、
>>>>>以下のとおり、うまくいきませんでした。
>>>>>
>>>>>問題[1]今開いているファイルと同じフォルダにあるエクセルファイル「Book2.xls」を開く
>>>>>Sub taisou3() 
>>>>> Dim wb As Workbook 
>>>>> Set wb = Workbooks("Book2.xls")  'ここでデバッグとなり先へ進みません。
>>>>>                  
>>>>> Workbooks.Open Filename:=Thisworkbook.path & "\" & wb                       
>>>>>End Sub
>>>>>
>>>>
>>
>


4622 : 小川慶一の回答 (2015-06-29 21:38:28)

唐沢俊孝 さん:

試しました。その様子を動画収録しました。
改めてソース拝見しましたが、ソースを読むだけでも、何が錯誤されているかと思われました。
コメントも添えています。

くりかえしますが、 Set ステートメンドでオブジェクトへの参照を設定するなら、そのオブジェクトが取得可能(エクセルファイルなら、そのファイルをすでにエクセルというアプリケーションが開いている)でないとダメです。
https://www.dropbox.com/s/9guly069t5qxaqh/book2.xls_open.mp4?dl=0



>小川慶一 さん:
>
>>debug.print thisworkbook.path
>>それで出力されたフォルダ名が、 Book2.xls のあるところと一致しているか?をチェック。
>
>⇒ イミディエイトウィンドウ出力されたパスは、保存されているBook2.xlsのパス(プロパティの場所に書かれているパス)と
>  全く同じでした。
>
>パス出力は以下のようにしてイミディエイトウィンドウに出力して確認しました。
>Sub taisou3_1()
> Dim wb As Workbook
> Debug.Print ThisWorkbook.Path  ’イミディエイトウィンドウにパスが出力されました。
> Set wb = Workbooks("Book2.xls") ’ここに来るとやはり下記のようなウィンドウが出て先へ進まず、実行されませんでした。
> Workbooks.Open Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & wb
>End Sub
>
>エラー内容は以下の通りでした。
> 実行時エラー ’9’:
> インデックスが有効範囲にありません
> ヘルプで確認しましたが、該当していないような気がします。
>
> 小川先生のPCでは、このコードで実行できますでしょうか。
>
>手動でBook2.xlsを開いた後、以下の閉じるコードの方は、問題なく閉じました。
> Sub taisou3_3_1()
>
> Dim wb As Workbook
> Set wb = Workbooks("Book2.xls")
> wb.Close
>
>End Sub
>
>
>
>
>
>>唐沢俊孝 さん:
>>
>>次やって再現したら、 thisworkbook.path を出力してみてください。
>>debug.print thisworkbook.path
>>それで出力されたフォルダ名が、 book2.xls のあるところと一致しているか?をチェック。
>>
>>
>>>小川慶一 さん:
>>>
>>>エクセルファイル Book2.xls は同じフォルダに保存しされています。正解のマクロでは問題なく動き、Book2.xls は開きます。拡張子も合っています。また、マクロ実行前には、Book2.xlsは開いていません。閉じた状態からマクロ実行しています。
>>>
>>>
>>>>唐沢俊孝 さん:
>>>>
>>>>「Book2.xls」というエクセルファイルはすでに開かれていますか?
>>>>拡張子が違うとか、ファイル名が違うとか。
>>>>そもそも、新しいファイルはまだいっさい開いてないとか。。
>>>>
>>>>
>>>>>小川先生
>>>>>
>>>>>先日質問しました頭の体操3ですが、動画の説明はよく分かりました。
>>>>>その内容で消化したいのですが、1点どうしても知りたいところがありましたので、
>>>>>アドバイスお願いいたします。
>>>>>
>>>>>頭の体操3は、”固有オブジェクトの変数”を学んだ直後にトライしていましたので、
>>>>>それを利用してできないか考えてコードを書きましたが、エラーになりました。
>>>>>保存されたエクセルブックにニックネームをつけて開く操作ができると思っていましたが、
>>>>>以下のとおり、うまくいきませんでした。
>>>>>
>>>>>問題[1]今開いているファイルと同じフォルダにあるエクセルファイル「Book2.xls」を開く
>>>>>Sub taisou3() 
>>>>> Dim wb As Workbook 
>>>>> Set wb = Workbooks("Book2.xls")  'ここでデバッグとなり先へ進みません。
>>>>>                  
>>>>> Workbooks.Open Filename:=Thisworkbook.path & "\" & wb                       
>>>>>End Sub
>>>>>
>>>>
>>
>


4621 : 唐沢俊孝さんのコメント (2015-06-29 21:21:32)

小川慶一 さん:

>debug.print thisworkbook.path
>それで出力されたフォルダ名が、 Book2.xls のあるところと一致しているか?をチェック。

⇒ イミディエイトウィンドウ出力されたパスは、保存されているBook2.xlsのパス(プロパティの場所に書かれているパス)と
  全く同じでした。

パス出力は以下のようにしてイミディエイトウィンドウに出力して確認しました。
Sub taisou3_1()
Dim wb As Workbook
Debug.Print ThisWorkbook.Path  ’イミディエイトウィンドウにパスが出力されました。
Set wb = Workbooks("Book2.xls") ’ここに来るとやはり下記のようなウィンドウが出て先へ進まず、実行されませんでした。
Workbooks.Open Filename:=ThisWorkbook.Path & "\" & wb
End Sub

エラー内容は以下の通りでした。
実行時エラー ’9’:
インデックスが有効範囲にありません
ヘルプで確認しましたが、該当していないような気がします。

小川先生のPCでは、このコードで実行できますでしょうか。

手動でBook2.xlsを開いた後、以下の閉じるコードの方は、問題なく閉じました。
Sub taisou3_3_1()

Dim wb As Workbook
Set wb = Workbooks("Book2.xls")
wb.Close

End Sub





>唐沢俊孝 さん:
>
>次やって再現したら、 thisworkbook.path を出力してみてください。
>debug.print thisworkbook.path
>それで出力されたフォルダ名が、 book2.xls のあるところと一致しているか?をチェック。
>
>
>>小川慶一 さん:
>>
>>エクセルファイル Book2.xls は同じフォルダに保存しされています。正解のマクロでは問題なく動き、Book2.xls は開きます。拡張子も合っています。また、マクロ実行前には、Book2.xlsは開いていません。閉じた状態からマクロ実行しています。
>>
>>
>>>唐沢俊孝 さん:
>>>
>>>「Book2.xls」というエクセルファイルはすでに開かれていますか?
>>>拡張子が違うとか、ファイル名が違うとか。
>>>そもそも、新しいファイルはまだいっさい開いてないとか。。
>>>
>>>
>>>>小川先生
>>>>
>>>>先日質問しました頭の体操3ですが、動画の説明はよく分かりました。
>>>>その内容で消化したいのですが、1点どうしても知りたいところがありましたので、
>>>>アドバイスお願いいたします。
>>>>
>>>>頭の体操3は、”固有オブジェクトの変数”を学んだ直後にトライしていましたので、
>>>>それを利用してできないか考えてコードを書きましたが、エラーになりました。
>>>>保存されたエクセルブックにニックネームをつけて開く操作ができると思っていましたが、
>>>>以下のとおり、うまくいきませんでした。
>>>>
>>>>問題[1]今開いているファイルと同じフォルダにあるエクセルファイル「Book2.xls」を開く
>>>>Sub taisou3() 
>>>> Dim wb As Workbook 
>>>> Set wb = Workbooks("Book2.xls")  'ここでデバッグとなり先へ進みません。
>>>>                  
>>>> Workbooks.Open Filename:=Thisworkbook.path & "\" & wb                       
>>>>End Sub
>>>>
>>>
>


4620 : 小川慶一の回答 (2015-06-29 13:19:20)

唐沢俊孝 さん:

次やって再現したら、 thisworkbook.path を出力してみてください。
debug.print thisworkbook.path
それで出力されたフォルダ名が、 book2.xls のあるところと一致しているか?をチェック。


>小川慶一 さん:
>
>エクセルファイル Book2.xls は同じフォルダに保存しされています。正解のマクロでは問題なく動き、Book2.xls は開きます。拡張子も合っています。また、マクロ実行前には、Book2.xlsは開いていません。閉じた状態からマクロ実行しています。
>
>
>>唐沢俊孝 さん:
>>
>>「Book2.xls」というエクセルファイルはすでに開かれていますか?
>>拡張子が違うとか、ファイル名が違うとか。
>>そもそも、新しいファイルはまだいっさい開いてないとか。。
>>
>>
>>>小川先生
>>>
>>>先日質問しました頭の体操3ですが、動画の説明はよく分かりました。
>>>その内容で消化したいのですが、1点どうしても知りたいところがありましたので、
>>>アドバイスお願いいたします。
>>>
>>>頭の体操3は、”固有オブジェクトの変数”を学んだ直後にトライしていましたので、
>>>それを利用してできないか考えてコードを書きましたが、エラーになりました。
>>>保存されたエクセルブックにニックネームをつけて開く操作ができると思っていましたが、
>>>以下のとおり、うまくいきませんでした。
>>>
>>>問題[1]今開いているファイルと同じフォルダにあるエクセルファイル「Book2.xls」を開く
>>>Sub taisou3() 
>>> Dim wb As Workbook 
>>> Set wb = Workbooks("Book2.xls")  'ここでデバッグとなり先へ進みません。
>>>                  
>>> Workbooks.Open Filename:=Thisworkbook.path & "\" & wb                       
>>>End Sub
>>>
>>


4619 : 唐沢俊孝さんのコメント (2015-06-29 13:04:11)

小川慶一 さん:

エクセルファイル Book2.xls は同じフォルダに保存しされています。正解のマクロでは問題なく動き、Book2.xls は開きます。拡張子も合っています。また、マクロ実行前には、Book2.xlsは開いていません。閉じた状態からマクロ実行しています。


>唐沢俊孝 さん:
>
>「Book2.xls」というエクセルファイルはすでに開かれていますか?
>拡張子が違うとか、ファイル名が違うとか。
>そもそも、新しいファイルはまだいっさい開いてないとか。。
>
>
>>小川先生
>>
>>先日質問しました頭の体操3ですが、動画の説明はよく分かりました。
>>その内容で消化したいのですが、1点どうしても知りたいところがありましたので、
>>アドバイスお願いいたします。
>>
>>頭の体操3は、”固有オブジェクトの変数”を学んだ直後にトライしていましたので、
>>それを利用してできないか考えてコードを書きましたが、エラーになりました。
>>保存されたエクセルブックにニックネームをつけて開く操作ができると思っていましたが、
>>以下のとおり、うまくいきませんでした。
>>
>>問題[1]今開いているファイルと同じフォルダにあるエクセルファイル「Book2.xls」を開く
>>Sub taisou3() 
>> Dim wb As Workbook 
>> Set wb = Workbooks("Book2.xls")  'ここでデバッグとなり先へ進みません。
>>                  
>> Workbooks.Open Filename:=Thisworkbook.path & "\" & wb                       
>>End Sub
>>
>


4617 : 小川慶一の回答 (2015-06-29 12:08:54)

唐沢俊孝 さん:

「Book2.xls」というエクセルファイルはすでに開かれていますか?
拡張子が違うとか、ファイル名が違うとか。
そもそも、新しいファイルはまだいっさい開いてないとか。。


>小川先生
>
>先日質問しました頭の体操3ですが、動画の説明はよく分かりました。
>その内容で消化したいのですが、1点どうしても知りたいところがありましたので、
>アドバイスお願いいたします。
>
>頭の体操3は、”固有オブジェクトの変数”を学んだ直後にトライしていましたので、
>それを利用してできないか考えてコードを書きましたが、エラーになりました。
>保存されたエクセルブックにニックネームをつけて開く操作ができると思っていましたが、
>以下のとおり、うまくいきませんでした。
>
>問題[1]今開いているファイルと同じフォルダにあるエクセルファイル「Book2.xls」を開く
>Sub taisou3() 
> Dim wb As Workbook 
> Set wb = Workbooks("Book2.xls")  'ここでデバッグとなり先へ進みません。
>                  
> Workbooks.Open Filename:=Thisworkbook.path & "\" & wb                       
>End Sub
>


4605 : 唐沢俊孝さんのコメント (2015-06-29 01:45:42)

小川先生

先日質問しました頭の体操3ですが、動画の説明はよく分かりました。
その内容で消化したいのですが、1点どうしても知りたいところがありましたので、
アドバイスお願いいたします。

頭の体操3は、”固有オブジェクトの変数”を学んだ直後にトライしていましたので、
それを利用してできないか考えてコードを書きましたが、エラーになりました。
保存されたエクセルブックにニックネームをつけて開く操作ができると思っていましたが、
以下のとおり、うまくいきませんでした。

問題[1]今開いているファイルと同じフォルダにあるエクセルファイル「Book2.xls」を開く
Sub taisou3() 
Dim wb As Workbook 
Set wb = Workbooks("Book2.xls")  'ここでデバッグとなり先へ進みません。
                 
Workbooks.Open Filename:=Thisworkbook.path & "\" & wb                       
End Sub


4324 : 山田 将之さんのコメント (2015-05-20 05:16:10)

理解しました。ありがとうございます。


2836 : 小川慶一の回答 (2014-10-28 09:05:06)

浜口 智之 さん:

はい。ですね。バージョンを追うごとに無駄なエフェクトが増え、簡易な機能は取り払われていきます。
オフラインヘルプがなくなるのも、その流れですね(汗

なので、僕は極力古いバージョンのエクセルを使用しています。
今年の春までは2003を使っていました。今は、2003のサポートが切れてしまったので、仕方なく2007です。

>調べてみましたらエクセル2013にはオフラインヘルプがなく凹みました。
>ないですよね?オフラインのヘルプ…
>バージョン上がって使いにくくなってるのは残念ですね。
>ググったり、オンラインヘルプを活用していきます。


2832 : 浜口 智之さんのコメント (2014-10-27 22:46:08)

調べてみましたらエクセル2013にはオフラインヘルプがなく凹みました。
ないですよね?オフラインのヘルプ…
バージョン上がって使いにくくなってるのは残念ですね。
ググったり、オンラインヘルプを活用していきます。


2420 : 小川慶一の回答 (2014-09-08 06:21:20)

匿名 さん:

形が腑に落ちれば、あとは難しくはありません。
ひきつづきよろしくお願いいたします!

>For Each構文、まだまだですが、手が覚えるまで頑張ります。
>For each k in "群れ"の"群れ"の部分がキーになることが理解できましたので、自分としては大きな一歩です。


2414 : 受講生さんのコメント (2014-09-07 19:13:11)

For Each構文、まだまだですが、手が覚えるまで頑張ります。
For each k in "群れ"の"群れ"の部分がキーになることが理解できましたので、自分としては大きな一歩です。


1109 : 小川慶一の回答 (2014-04-17 12:35:17)

匿名 さん:

> 今までなら条件書式の設定でしかできなかった(私が方法を知らなかった)処理をマクロでできてしまった!という嬉しくも悔しくもある例題でした。
>Excelの数式を使うとどうしてもファイルが重くなってしまうので、今まで何分待っていたことか…と。

マクロを使いこなせるようになると、エクセルの表面に見えている機能だけでなんとかしようとするのがバカバカしくなりますね。

エクセル詳しくなるよりも、マクロの初歩を習得したほうがよほど有意義です。


1107 : 受講生さんのコメント (2014-04-16 15:38:08)

今日の内容は、今までなら条件書式の設定でしかできなかった(私が方法を知らなかった)処理をマクロでできてしまった!という嬉しくも悔しくもある例題でした。
Excelの数式を使うとどうしてもファイルが重くなってしまうので、今まで何分待っていたことか…と。
でも、オブジェクトをマクロで操作できると楽しいです。


618 : ガラパゴスタディー事務局の回答 (2013-10-31 00:00:00)

小俣さん:

> オブジェクト型変数をまだマスターしきれていないようです。
> 「Set~とFor Each...In~がかぶってるよなー」と思いつつ
> そのままにしてしまいました。

ループの中で変数に自動的にオブジェクトへの参照が割り当てられますからね。

カウンター変数を使った for next 構文でも、

dim gyo as longfor gyo = 2 to 11 next


とは書いても、
dim gyo as longgyo = 2for gyo = 2 to 11 next


とは書かなかったです。
それと感覚は同じ。


617 : 小俣卓生さんのコメント (2013-10-30 00:00:00)

オブジェクト型変数をまだマスターしきれて
いないようです。
「Set~とFor Each...In~がかぶってるよなー」と思いつつ
そのままにしてしまいました。

基礎編で行と列の2つの変数を用いてFor...Next構文を
ネストさせて同じことをやったコードに比較してとても
すっきり書けてうれしいです(^o^)

Sub test4()
    Dim rg As Range
    Set rg = Range("E4:J13")
         
    For Each rg In Range("E4:J13")
        If rg.Value >= 30 Then
            rg.Interior.ColorIndex = 33
        Else
            rg.Interior.ColorIndex = 15
        End If
    Next
End Sub


616 : ガラパゴスタディー事務局の回答 (2013-08-19 00:00:00)

やまださん:

やはり、この設定の問題でしたか。

officeはバージョンがあがるごとにややこしくなりますね(汗


615 : やまださんのコメント (2013-08-16 00:00:00)

小川先生 ありがとうございました。先生の教えていただいた通りに試してみたら無事にできました。たすかりました。


614 : ガラパゴスタディー事務局の回答 (2013-08-15 00:01:00)

やまださん:

なるほど。
ヘルプの調子が悪いときがあるんだかなんだか、僕もそういうこと(出るべきヘルプ項目が出てこない)があります。

基礎編でお渡ししたテキスト「VBE操作ガイド」で、ヘルプの設定について書いています。
そうそう。2007以降では、ヘルプのリファレンス元を、「オフライン開発者用ヘルプ」にしておくほうがよいです。
ヘルプを起動したら、入力枠の右、「検索」って書かれたボタンがあります。そのさらに右にあるツメをクリック。そこから「オフライン開発者用ヘルプ」を選択。

デフォルトでは、ヘルプはネット上に情報を探しにいきます。挙句に「見つかりません」とかそんな返答をしてくることがある。


613 : やまださんのコメント (2013-08-15 00:00:00)

おはようございます。さて、本日朝試してみたら、「メニュー[ヘルプ]
」からも「F1」を押しても「ヘルプ」が開きました。申し訳ありません。ただ、どちらの場合も、「save asメソッド」の項目は開かないようです。また、ヘルプの検索で「save as」等を入力しても「検索結果はありませんでした」と表示されてしまいます。


612 : ガラパゴスタディー事務局の回答 (2013-08-14 00:01:00)

やまださん:

ちょっと分からないですね。まずはお聞きしてみたいのですが、VBEのメニュー [ヘルプ] からは、ヘルプの起動できますか?


611 : やまださんのコメント (2013-08-14 00:00:00)

小川先生。先日の発展編の講座ではお世話になりました。やっと復習し始めました(パソコン壊れてたので。。)さて質問です。8;16のところでsave as のうえで「F1」を押すとヘルパーが開くとおっしゃっておられるかと思いますが、開きません。。どうすればよいでしょう?(私のエクセルは2010です)ご教授ください。


610 : ガラパゴスタディー事務局の回答 (2013-05-03 00:00:00)

豊島さん:

> ファイルの扱い方によってはactive windowとかになったり

指示語ですね。 active なんちゃら、と出てきたら、とにかく指示語。


> そもそもフォルダを開いていなくて

ちょっと、分からないです。。ファイルのことかな?にしても、 thisworkbook.path は必ずあるはずなんですが。。
(そのマクロの入っているファイルを指すので)

thisworkbook については、テキストにも載せています。
もしまだでしたら、巻末の索引から見つけて一読してみてください。


609 : 豊島 久博さんのコメント (2013-05-01 00:00:00)

今回は、頭の体操が難しかったです。
ファイルの扱い方によってはactive windowとかになったり、そもそもフォルダを開いていなくて、操作しようとして、"this workbook path"の部分が定義されていませんと言うエラーが出てきたことなど、解説動画と違ったので非常に理解するのに時間がかかりました。


608 : ガラパゴスタディー事務局の回答 (2012-12-18 00:01:00)

屋代さん:

よいですね!語学は身体で覚えてナンボ!です。

ひきつづき、お楽しみを!


607 : 屋代 有俊さんのコメント (2012-12-18 00:00:00)

For each...Next 構文については、4回ほど書いて消して、
を繰り返したら指になじんできました。
ダメ押しで5回目書いてから寝ますw


606 : ガラパゴスタディー事務局の回答 (2012-12-17 00:00:00)

佐藤さん:

ですね。音読は基本です。
あたりまえのことですが、諳んじられる構文は簡単に書けますから。


605 : 佐藤 尚子さんのコメント (2012-12-16 00:02:00)

今回は「頭の体操」に時間がかかってしまいました。
竹端さんの書いていた「ノートに書いて音読」ぜひ真似させていただきます!


604 : ガラパゴスタディー事務局の回答 (2012-12-16 00:01:00)

竹端さん:

> ThisWorkbook.Path & ... の部分は覚えない限り

てか、パターンなので、すぐに覚えるとおもいます。

朗読は、とてもよいです。なにしろ語学の勉強なので ヾ(´ー`)ノ


603 : 竹端さんのコメント (2012-12-16 00:00:00)

今回の問題で出てきたThisWorkbook.Path & "\Book2.xls"の部分は覚えない限り、使えこなせそうにないですね。

と云う事で、今回の頭の体操[1][2][3]の答えを繰り返しノートに書くことと書きながら音読して覚えるようにしましたよ!


3日がかりのその仕事、3分で終わらせる方法教えます。ガラパゴスタディーオンライン講座 ユーザー登録

本講座の動画一覧

  1. 【動画1】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.01
    【動画1】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.01 未習得
  2. 【動画2】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.02
    【動画2】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.02 未習得
  3. 【動画3】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.03
    【動画3】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.03 未習得
  4. 【動画4】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.04
    【動画4】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.04 未習得
  5. 【動画5】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.05
    【動画5】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.05 未習得
  6. 【動画6】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.06
    【動画6】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.06 未習得
  7. 【動画7】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.07
    【動画7】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.07 未習得
  8. 【動画8】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.08
    【動画8】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.08 未習得
  9. 【動画9】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.09
    【動画9】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.09 未習得
  10. 【動画10】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.10
    【動画10】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.10 未習得
  11. 【動画11】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.11
    【動画11】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.11 未習得
  12. 【動画12】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.12
    【動画12】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.12 未習得
  13. 【動画13】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.13
    【動画13】 エクセルマクロ・VBA発展編1フォローアップミニセミナーNo.13 未習得

塾長 小川慶一

メニュー

コメント紹介

もっと見る

ページの先頭へ